ここから本文です

国文法の問題です。 「帰って/みると」「弱い/ことを」の文節分けを、 「みる...

ヴィリエさん

2006/6/1315:31:51

国文法の問題です。
「帰って/みると」「弱い/ことを」の文節分けを、
「みる」は補助動詞、「こと」は形式名詞だから、
分けずに1文節に扱う――と教える先生がいます。
正しいのでしょうか。それとも、最近の考え方でしょうか。
よろしくお願いします。

閲覧数:
621
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

2006/6/1721:18:29

その点になると「立場」の問題ではないでしょうか?最近、という問題ではないでしょう。
通常は、文節とみなして切ります。そもそも補助動詞・形式名詞がわかるレベルの人に、あえて「文節」という知識を尋ねることもないように思います。
微妙な点なので入試等では問われないでしょうね。

質問した人からのコメント

2006/6/19 19:43:02

一安心 安心しました。20年以上、分けていたもので……。
久しぶりに現場に戻ったら、そう教える教師が多いので、驚きました。
浦島太郎の心境です。

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

田 田子さん

2006/6/1516:29:04

先生のお考えは正しいと思います。
語としての自立性に乏しいからです。補助動詞としての「~て・みる」の「みる」は本動詞「見る」ほどの語としての独立性を持ちません。「見る」という概念から離れています。また、形式名詞の「こと」も単独に主語になったりはしません。「事柄」の「事」とは違います。
<田子>

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる