ここから本文です

「美しいバラにはとげがある」の語源や出典はあるのでしょうか?

tot********さん

2012/4/112:27:37

「美しいバラにはとげがある」の語源や出典はあるのでしょうか?

美人をバラに例えたのは自然発生的なものなのでしょうか?
なんとなくいつとはなしに、だれとはなく言うようになった気
もします。

閲覧数:
2,438
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

ham********さん

2012/4/114:10:00

ドイツには
Keine Rose ohne Dornen.

英語(上の訳?)では
No rose without a thorn.

という格言があり
"棘のないバラは無い"ですが
その真の意味は
"どんなに美しくても優れていても欠点を持つ → 誰だって欠点がある"
ということらしいです.

バラにとっては棘は食べられにくくする防衛手段ですが, そんなこと考えずに人間中心だった昔の西欧人にとって棘は厄介な物邪魔な物としか見えなかったのでしょう.

ドイツかヨーロッパの諺を違約して"美しいバラにはとげがある"になったように思うのですが.

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

mim********さん

2012/4/113:44:29

「美しいバラは刺(トゲ)の上に咲く。
悲しみのあとには必ず喜びがある。」
の出典は
ウイリアム・スミス(イギリスの地質学者・古生物学者) だそうです。

あわせて知りたい

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる