ここから本文です

「あし」→「足」と「脚」の違いってなんですか? また、「からだ」→「体」と「身...

apr********さん

2012/4/215:12:54

「あし」→「足」と「脚」の違いってなんですか?
また、「からだ」→「体」と「身体」も気になります。

どうして、2種類あるのでしょう?

閲覧数:
13,191
回答数:
5

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

編集あり2012/4/219:45:57

①「足」と「脚」
...《「異字同訓」の漢字の用法》(昭和47年、国語審議会漢字部会作成資料)には、
.......足------足の裏、手足、足しげく通う、客足
.......脚------机の脚(足)、えり脚(足)、船脚(足)
のように「足」と「脚」の用例を示してあります。
以上の例から、
...足---人間・動物のあし及びこの派生的意味で用いる場合、例えば、「あししげく通う」とか、「駈けあし、客あし、並あし」などのように、その動きやそれを使って、ある場所に達する意を表す場合には、大体において「足」を用いればよいことになります。
...脚---「机のあし、雨あし、襟あし、風あし、雲あし、猫あし、火あし、船あし」などのように、物体・構造物などの支える働きをしているもの、人間・動物以外の進行・移動する物事の移り行く状態を表す場合の「あし」は、大体「脚」が普通ですが、「足」でも差し支えないということになるでしょう。
...「脚」を字訓で「あし」と使う場合は、「机の脚、船脚」などを「机の足、船足」としても差し支えありませんが、「脚」・「足」を字音で「キャク」・「ソク」と用いる場合は、「脚部」と「足部」、「三脚」と「三足」などのように意味によって使い分けなければなりません。
...また、「橋脚、健脚」などの場合に「橋足、健足」などと「足」を使うわけにはいきません。
...『新聞用語集』(昭和56年版)では、次のように使い分けをすることにしています。
....あし=足〔一般用語〕足跡、足音、足掛かり、足がつく、足が速い、足癖、足代、足手まとい、足止め、足並み、足踏み、足を洗う、足を出す、足を棒にする、後足で砂を掛ける...<比ゆ的に使う場合>勇み足、襟足、客足、球足が速い、逃げ足、抜き足差し足
........=脚〔主として脚部〕脚長バチ、脚の線が美しい、雨脚、後ろ脚、追い込み脚<競馬>、差し脚<競馬>、末脚<競馬>、机の脚、橋の脚、日脚、船脚
【参考資料】文化庁編集「言葉に関する問答集 総集編」P161より

②「からだ」の使い分け
体(からだ)/身体(しんたい)/体(たい)/肉体(にくたい)/身(み)/ボディー
【共通する意味】 頭・胴体・手足のすべてを一まとめにした言い方。
【使い分け】
①「体(からだ)」は、最も一般的で幅広く使われる。また、「タバコは体(からだ)に害がある」「運動部出身だけあっていい体(からだ)をしている」のように、健康や体格の意や、「明日は体(からだ)があいている(=ひまである)」のように、その人の状況、様子を表わすときに使うこともある。手紙文などでは「お身体(からだ)お大切に」などのように、「身体」と書く場合もある。
②「身体」は、公的な文章や非常に改まった場合、熟語を作る場合などに使われることが多い。
③「体(たい)」は、動きを伴う場合に決まった言い方で用いられる。
④「肉体」は、生身の人間の場合に多く用いられ、また性的な欲望の対象として用いられる。
⑤「身」は、慣用表現が多い。また、転じて、「良い習慣を身につける」「生徒の身になって教える」のように、その人自身やその人の立場、地位を表わす。
⑥「ボディー」は、多く複合して用いられ、また、「ボディーにパンチを打つ」のように特に胴体の部分をいう場合もある。「車のボディー」のように、人体でいえば胴体に相当する部分をいうこともある。
【使い方】
〔体〕(からだ)▽体は小さいがファイトは人一倍ある▽体を張る(=一身を投げうって行動する)
〔体〕(たい)▽ボールを体をかわしてよけた▽体を引く
〔身体〕▽身体に異常なしと認める▽健全なる精神は健全なる身体に宿る▽身体測定
〔肉体〕▽肉体の衰えを感じる▽肉体労働▽肉体美
〔身〕▽身を清めて神仏に祈る▽身をかがめて木の枝をくぐる▽身を粉にして働く▽寒風が身に染みる▽身の振り方を考える▽身の程を知る
〔ボディー〕▽迫力あるボディー▽ボディーガード▽ボディーチェック
【参考資料】goo国語辞典

質問した人からのコメント

2012/4/3 18:29:11

降参 ご丁寧な回答ありがとうございます。

このQ&Aで解決しましたか?質問する

閉じる

ベストアンサー以外の回答

1〜4件/4件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

かずさん

2012/4/302:43:20

辞書で調べたら・・・
まず「あし」の使い分け
足・・・ヒトの場合では足首からつま先までのことを足と言う。
脚・・・ヒトの場合では足首から骨盤までのことを脚と言う。

「からだ」は特に使い分けが無くどちらも人や動物の、頭、胴、手足など肉体全部のことを言う。

kit********さん

2012/4/222:07:53

あし、からだ は日本語ですね・・
足脚体身体は外国語です。
もともと関係ありません。

足 英語のfoot
脚 英語のleg
身体 文字通り「しんたい」「肉体」からだという読みは学校教育では教えない。
体 身体も示すが、「~のていをなす」のように有様、様子を示すこともある。

osi********さん

2012/4/215:27:32

人間の場合

足は足首からつま先
脚が足首から骨盤(太もも)

なのだそうです。

生物で分ける場合

人間は足
昆虫などが脚

上の二つの他に

哺乳類の動物に肢

を使うそうです。

体は和語で柔らかい感じを表しているのに対し、
身体は固い感じを表しているのだそうです。
日常生活などでは同じ意味で使われるようです。

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる