ここから本文です

リーバイスビンテージデニムについて。66前期

アバター

ID非公開さん

2012/4/317:47:25

リーバイスビンテージデニムについて。66前期

先日、リーバイスの66前期のデニムをオークションで落札しました。

商品が到着して確認してみたとことセンターボタン裏の数字が【553】となっていました。

66前期で553というものはあり得るのでしょうか?
僕の経験上66前期はすべてひと桁でした。
レプリカなのでしょうか?

その他のディティールは、
・バックポケット シングルステッチ
・ジップはTALON45
・赤耳ではありません
・赤タブは、切れて無くなっています。


よろしくお願いします。

補足TALON42の間違えでした。

閲覧数:
664
回答数:
3
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

スルメさん

編集あり2012/4/323:15:29

517のボーイズ版で717でした・・・・オリジナルです。

この手を66前期と呼ぶ者もおります。

70年代は同じ様な形が多いんですよ。
高度成長期でジーンズが1番多く作られた時代なんです。
シルエットも素材も色も1番多い時代なんです。
機械も精度が上がって綿の糸から強度を増す為にポリ糸が
芯に使われ始めたので、その分色落ちが極端に落ちてしまったのです。
ですからヴィンテージと呼ばれるジーンズは1960年代以前の物を言います。

http://www.prayer-arrow.com/?pid=11993771

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

brc********さん

2012/4/318:44:53

多分復刻になるでしょう。BIG-Eにしてもボタン裏は一桁なので

66も一桁なはずです。

wes********さん

2012/4/319:18:18

貴兄が書かれている情報が間違っていないとすれば、おかしなディテールですね。
まず66前期ということであれば501ですよね。
501にジップはありえませんよね。
赤耳はその当時の商品であれば必修ですよね。

多分その商品は今のヴィンテージレプリカの先駆けとなった16oz生地で作られた502だと思います。

1980年代後半に16ozの生地を使った502がリーバイス社より発売されました。(当時の価格¥8,900)
大まかな特徴として赤耳ではなくロックミシン処理をおこない赤タブは小文字eでした。
当時は今のようなヴィンテージブームではなく品番のみが502でした。

その後赤耳を使用した502(¥9,800)や701・503B(¥12,800)が販売されレプリカ復刻ジーンズブームが到来しました。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる