ここから本文です

維摩経は出家の必要性を限りなく否定しているといえませんか?

令和ダエモン哲学 213さん

2012/4/520:34:36

維摩経は出家の必要性を限りなく否定しているといえませんか?

閲覧数:
165
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

fai********さん

2012/4/602:47:08

維摩そのものが、出家してませんし。。。。。。

出家する事の性質について説明してると思いますけどね。

つまり出家すれば、菩薩になれるわけではない、志を持って出家して初めて、仏の道を目指すといってるように見えますけど。

出家しなくとも志が一緒であるなら、出家したのも同じといっていますよね。

出家そのものが形式的であったなら意味は無いとそう説明されていると思いますよ。

つまり在家であっても、維摩サンみたいな凄い人もいるということですけどね。

質問した人からのコメント

2012/4/11 21:19:24

成功 ありがとうございました

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

can********さん

2012/4/1114:18:34

出家の必要は否定していないと思います。 在家でも菩薩になれる事を意味していると思います。

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる