北朝鮮のミサイル迎撃

北朝鮮のミサイル迎撃 結局のところ迎撃する気ってあるのですか? まあミサイルもロケットも攻撃性の有無が違うだけで一緒の物ですが、 どうせなら、このような事態に迅速に対処できるようにする配備訓練とかで終わらず、 本当に迎撃して、迎撃訓練にしてしまえばいいと思うのですが・・・・まあ迎撃失敗の可能性のほうが高いですが。。。 最悪打ち上げが失敗してルートがズレたり落下予定地がまずい場所にズレたりしない限り迎撃とかしないですよね? それは迎撃ミサイルを配備している他国も同じ考えですか? 迎撃システムをチェックできるある意味良い機会だと思うですが・・・・

国際情勢144閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">50

ベストアンサー

0

此れは「実戦」ですから~ 被害が想定される場合は、迎撃し破壊する事になります・・・・・・ 当然、失敗し、爆発したり軌道がズレル事も有り得る事になり、中国本土とか台湾に落下する恐れも有り得ます~ 台湾は、PAC-3を配備しておらず、PAC-2ですから、航空機等の迎撃しか行えません・・・・・ 何れにせよ、記者団を招いたりしての”誤魔化し”演出を行い、実験を強行し、此の後には「核実験!?」も行うでしょう~ これ等はアメリカの譲歩(認めて貰いたい)が為の戦術で有り、イランとの秘密裏な連携が有るかと個人的に観ています。 *核兵器は未開発で有り、濃縮ウラン(90%以上)も保有は出来ておらず、”ブラフ”に踊らされているだけに思えます~ 本当の危機的状況なら、アメリカは空爆等を実行するでしょう・・・・・・ イランはイスラエルに「お任せ」で、二正面攻撃は避ける可能性が高いかとも推測出来ます。

ThanksImg質問者からのお礼コメント

ありがとうございました。

お礼日時:2012/4/16 19:45