ここから本文です

国語で習ったクラムボンって何?

反町サード・林志玲さん

2012/4/1409:12:09

国語で習ったクラムボンって何?

閲覧数:
2,305
回答数:
3

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

ves********さん

2012/4/1420:51:08

私も意味がわかりませんでした。教科書の解説書によると、宮沢賢治の造語で、「あわ」である。と書かれていたように思います。ただ、教科書の解説の方の私見かもしれません。なんせ、宮沢賢治が有名になってきたのも、賢治の死後ですから、はっきりとはわからないようです。

質問した人からのコメント

2012/4/20 22:00:15

アリガトウゴザイマス

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

syo********さん

2012/4/1410:03:11

宮沢賢治の「やまなし」ですね。
かにの兄弟が「クラムボンがこわれたよ」という会話ですね。
話の中でもクラムボンが何という説明はありません。
5月の場面と、12月の場面の2場面で設定され、宮沢賢治は2枚の幻灯と表現しています。
5月は、かにの兄弟が川底からあわをはき、あわがあがっていく様子を楽しんでします。
12月は、かにの兄弟が同じようにあわをはいていますが、大きさを競っています。
そこからクラムボンは、かにの兄弟がはいた「あわ」ではないかなと思います。
5月のかにの兄弟と12月のかにの兄弟ではずいぶん成長している様子が読み取れます。
5月のころは「あわ」という言葉を知らなかったけれども、12月にはもう知っている。
「あわ」という言葉を知らない兄弟の造語が「クラムボン」なのではないでしょうか。
あくまで私見です。間違っていたら ごめんなさい。

toy********さん

2012/4/1409:57:38

なんでしょうね?

魚かな?と思ってました、個人的に。

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる