ここから本文です

届いた郵便物(手紙やハガキ)がどのポストから投函されたというのは断定できない...

pom********さん

2012/4/2303:06:41

届いた郵便物(手紙やハガキ)がどのポストから投函されたというのは断定できないものなのですか?

『見えないバーコード』というものがあると知りました。
そこには郵送先や区分機の情報は記載されるそうですが、投函されたポストの情報は入らないと聞きました。
それはあちこちから袋に入れられて集められた郵便物はごちゃまぜにされて区分機に通されるからですか?


もし投函されたポストが簡単に断定できれば犯罪捜査にも大きく役立つだろうになぁと思ったのですが・・・。
やはりコストや人的労力がかかるからでしょうか?

補足ポストの中身を回収する時って袋ごと入れ替えていますよね?
回収担当者が受け持っているポスト数分の袋が車に積んであるわけではないのですか?
それなら回収された袋ごとに区分機をかければいいと思うのですが、現実は違うのでしょうか・・・。

この質問は、pre********さんに回答をリクエストしました。

閲覧数:
2,768
回答数:
4
お礼:
500枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

rec********さん

2012/4/3006:23:19

なるほど、そういうことだったのですね。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

kir********さん

2012/4/2310:51:29

透明バーコードは区分機に供給時に印字されます。
取集められた郵便物は一度出して引受検査を行いきれいに形ごとに分けられます。
中には定形郵便物であってもごつごつしていたりはがきでも丸く反っていたりすれば機械にはかけずに手区分で区分します。

取集めたポストごとにデーターを印字するのは不可能に近いです。

>回収担当者が受け持っているポスト数分の袋が車に積んであるわけではないのですか?
厳密には決まっていません。
投函数が少ないポストの場合は担当者が手で取って袋は交換しない時もあります。


どのポストから集めても処理する時はまとめて処理しないと無理です。

yuc********さん

編集あり2012/4/2311:52:13

お気持ちは判りますが、カスタマーバーコードはあくまで人件費がかかる郵便のコスト削減(機械化=人員削減)が主目的です
一人で何ヵ所もポストを開けますのでポストを特定する為には収集袋をポスト数用意し収集ポスト毎に機械にかけるなど郵便としては必要のない労力がかかりすぎ現状では無理ですね

例えば電車の自動改札みたいに投函時に印字すれば可能かも知れませんが、その為には今あるポストの総取っ替え、自販機並の大きさのポストに替えたり、メンテナンスが必要になり料金に反映せざるを得ないですよ

補足拝見しました
袋ごと入れ替えるのは、袋が入る郵便局前や駅前などの大型ポストだけです
バイクの配達員も配達途上でポスト収集しますが、年賀時期でなければ、一袋で事足ります

pre********さん

リクエストマッチ

2012/4/2304:13:58

郵便物にバーコードを付けるのは宛名データを機械が読めるようにするためです。
バーコードでは機械に入れる前の状況は一切わかりません。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる