ここから本文です

リーマ工具でリーマ加工をしたら 普通 例えば Φ8のリーマなら 8.0以上はあるの...

アバター

ID非公開さん

2012/4/2518:23:52

リーマ工具でリーマ加工をしたら 普通 例えば Φ8のリーマなら

8.0以上はあるのでしょか? 工具が正常なら7.99とかはありえないのでしょうか?

閲覧数:
3,178
回答数:
3

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

the********さん

編集あり2012/4/2519:09:17

φ8.0リーマで加工したら、被削材はφ8以上(未満)になる事があるかって事でしょうか?
適正なクランプ力と条件で削っても、理論上はリーマ刃先の振れ分リーマ径より大きくなります。どんなにがんばったところで、振れは2μmは出ます。
更に回転数をあげればあげる程径は大きくなります。(刃先振れ悪化、溶着等が原因)

小さくなる事も部分的にはあり得ます。
例えば3つ爪でワークをクランプした場合、爪の当たっている部分ばかりが削れ、それ以外の部分は削り残しがでます。

アンクランプしたときに形状か戻り、爪の当たっていた部分がやたらと削れたようなオムスビ形状になります。

シリンダーゲージやホールテストだと拾いにくいですが、真円度や振れを測定すると顕著に出ます。

また加工中に発生する熱でワークが変形して逃げる場合もあります。

φ8.000を求めたいなら、φ7.99位のリーマをしっかり振れだししてやればできると思います。

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

fiv********さん

2012/4/2521:50:25

通常のΦ8のリーマーの実測値は、Φ8以下で作ってあります。
なを、普通の生産技術では加工されるものが小さくなるからと云って刃物を大きく作ることはありません。
加工されるものが刃物よりも小さい寸法に仕上がるには、
切削物にスプリングバックが発生するとき。
刃物の切削性が劣っていて、俗にいう「潜って」しまうとき。
このような条件下で刃物径を大きくして管理すると、ワークが正常に戻ったり、刃物を再研磨したときに一定の寸法を維持できないからです、。

fuk********さん

2012/4/2519:50:15

普通はリーマは回転させながら削るので振れが出るのでΦ8.02程度にはなると思います。
Φ8より小さいことはないです。 リーマ工具でΦ7.99があるかどうか微妙ですね。
まあ0.02以上にはなるのでそれを見越して加工されるようにしてくださいね。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる