ここから本文です

会社の決算をあげた時、科目別内訳書には長期借入金と短期借入金は必ず分けて表示...

rsk********さん

2012/4/2712:48:50

会社の決算をあげた時、科目別内訳書には長期借入金と短期借入金は必ず分けて表示させなくてはならないのですか?

税務調査を受けた場合、分けていないと指摘はされますか?

閲覧数:
1,202
回答数:
3

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

hir********さん

2012/4/2713:58:25

分けれるのであれば分けた方がいいですね。

・決算書上は分ける必要はありません。
・税務上も分ける必要はないので税務署は何もいいません
・短期借入金まで長期借入金に含めると銀行さんのイメージがあまりよくありません。
なぜなら資金繰りをきっちり管理していないようなイメージをもたれるかもしれません。

長期は長期的な返済の借入。短期は一時的な借り入れですぐに返済するもの。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

らいとさん

2012/4/2713:58:49

科目内訳省に長期短期の区別はありません

例えば
毎月10万返済で5年分の借入が残っていた場合で
これを決算書に
「一年以内返済長期借入金」120万
「長期借入金」480万
こう表示した場合
科目内訳書には
○○銀行600万 設備資金
こう書いています

sya********さん

2012/4/2713:11:50

科目が実際に別れているなら分けるべきです。

分けていなくても何も言われませんけど。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる