ここから本文です

熱がでて冷えピタを張るのって逆効果じゃないですか?

kou********さん

2012/5/923:22:12

熱がでて冷えピタを張るのって逆効果じゃないですか?

単純な疑問です。体が菌を倒すために体温を上げるのになぜそれを下げるようなことをするのですか?逆効果じゃないんですか?
知恵袋内で検索しましたが僕の求めている的確な回答がありません。教えてください。

閲覧数:
67,409
回答数:
3

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

mim********さん

2012/5/923:44:58

平たく言うと 質問者さんが疑問に思う「熱は必要があって高くなるのだからむやみに下げてはいけない」と言うのは◎です。
人間には自然治癒力があり 高温にして菌やウイルスをやっつけようとしますから、それを“しんどいから”と言う理由で解熱剤を投与するのは×です。

しかし、額を冷やすことに限っては◎です。これも人間の体の不思議なところで、額を冷やすと体は“冷えてきたから体を温めなければ!”と熱を上げにかかる(治すために)のです。

夏場、暑さ対策にヒエ○タを額に貼ったらその時はひんやりしてても そのあと体は熱くなるのです。体温を下げる必要があるなら大動脈付近(首、脇、そけい部)に貼らなければ体温は下がりません。

西洋医学の薬が無かった昔から 「熱の病を早く治すには熱を上げること=額を冷やす」と人々は体験的に知っていたのでしょうね。

残念ながら現代人は薬の恩恵に溺れ“治す”ことを忘れ“楽にすること”で誤魔化されてしまっています。

軽い風邪なら温かくして寝るに限るのは普遍だと思います。

質問した人からのコメント

2012/5/12 11:40:20

降参 よくわかりました。ほかの回答者さんもありがとうございました。

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

nac********さん

2012/5/1002:13:38

体内に入り込んだウイルスや菌をやっつけようと発熱するわけですが、発熱するときはセットポイントといって、今回は何度まで熱出しますって決まってるんです。

その熱を出すために、熱を集めて作るときに悪寒がするわけです。

発熱はウイルスや菌をやっつけるために出すので、熱が上がりきる前に解熱剤を飲んでも、一時的に解熱してまた発熱するでしょう。


熱が上がりきって、下がり出した時に解熱剤とアイシングを使うと、身体が熱を下げる手助けになります。

また、冷えぴた等をおでこにはるのは全く意味はありません。
気分的に気持ちいいから貼ってるだけです。

冷す部位は首、脇、又(鼠径部)です。
冷しすぎには注意しましょう。

nag********さん

2012/5/923:26:16

だるいとせめて頭を冷やしておきたくなるからじゃないですか?
つまり精神的なところも有るんじゃないですか?

あわせて知りたい

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる