ここから本文です

甲子園(夏の高校野球全国大会)ってなぜくそ暑い真夏の昼間に連日試合をするので...

ozt********さん

2012/5/1620:14:25

甲子園(夏の高校野球全国大会)ってなぜくそ暑い真夏の昼間に連日試合をするのですか?日本人がドMだからですか?
選手や応援側も「涼しい時期、時間にやればいいのに」なんて思わないのですか?

プロ野球球団が球場を使わない日本シリーズ以降じゃダメなの?(秋の地区大会は冬にずらして…)
夏にやるなら、決勝戦だけ甲子園でやり、あとは試合日程を週末のみに考慮して地区大会(関東地区、関西地区、中国地区など)のようにやればいいと思いますが。

閲覧数:
3,061
回答数:
2
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

krp********さん

2012/5/1622:09:21

そしたら面白くないじゃないですか…
高校野球は暑い暑いお日様がかんかんに照っている中で、球児達が、汗水たらして勝ち抜いていくというのが醍醐味です。
暑い中で激戦が繰り広げられ、劇的なサヨナラとかもあるんじゃないですか。
甲子園は『憧れ』の舞台。決勝だけ甲子園なんて、とんでもないですよ。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

pit********さん

編集あり2012/5/2017:47:39

選手だけでなく,運営側や指導者(教師)も比較的
長期間の余裕を確保できる長期休暇(夏休み)の期間だからです。

高校野球だけでなく,インターハイ(高校総体)もこの時期で
サッカーなど他の屋外スポーツもくそ暑い真夏の昼間に連日試合をしてます。
高校野球だけの特殊事情ではありません。
高校スポーツの他の全国大会も多くが春休み・冬休みの長期期間中の実施です。

なお,甲子園自体が元々「高校野球を開催するため」に作られた球場で
高校野球側の都合の方がプロ野球(阪神)より優先されています。
真夏の稼ぎ時に阪神が死のロードに追いやられるのはこれが理由です。

授業期間中の週末に次々試合を入れられると先生も生徒も休む日がありません。
おまけに日本シリーズの時期から冬にかけては
大学受験(秋は主にスポーツなどの推薦)のシーズンになりますから
3年生が試合に出られませんし,顧問の先生が3年生の担任をしている場合は
先生も受験にかかりきりで部活動は二の次になりかねません。
他の行事との整合性が取りにくい以上,暑かろうが寒かろうが
一気に日程を消化できる長期休暇の期間中に全国大会をするのがベターなんです。

※ 本大会より惨いのは大阪や愛知の夏の予選だと思いますがね。
※ どちらも参加校数が全国大会とは比べものにならないほど多いのに
※ 夏休みに入ってからの10日間くらいで一気に2~3回戦から決勝までの
※ 6試合を消化する日程ですので。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる