遠藤周作先生の作品について質問させていただきます 私は遠藤周作先生の作品が大好きで死海のほとり、沈黙、海と毒薬、イエスの生涯などを読みました

小説817閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">50

1人が共感しています

ベストアンサー

1

1人がナイス!しています

ThanksImg質問者からのお礼コメント

ご回答頂きありがとう御座いました 今『彼の生きかた』を読書中です

お礼日時:2012/5/24 18:06

その他の回答(1件)

1

①無性にということはないですが、その折々に読んでいる本にかかわることが書かれた作品を読みたくなります。キリシタンの歴史にかかわる本の場合は『沈黙』、人間の“罪”や“良心”の喪失な関する本の場合は『海と毒薬』、日本とヨーロッパにおける芸術(特に絵画や彫刻)の問題や西欧文化の日本への移入の問題では、『留学』を思い出します。 ②上にもあげた『留学』『沈黙』。 ③遠藤氏が取り上げた問題は、キリスト教の問題であると同時に、人間全体に通じる問題が含まれているからだと思います。例えば、『沈黙』は、題材こそキリスト教ですが、或る意味、個人が自分の信念とどう向き合っていくかということが問われています。 私自身もキリスト教徒ではありませんし、神様を信じられません。しかし、遠藤氏のキリスト教に対する考え方やキリスト教の教えを知ってからは、仏教よりはキリスト教に親近感があります。

1人がナイス!しています