ここから本文です

医療保険の必要性

アバター

ID非公開さん

2012/5/2115:56:59

医療保険の必要性

がん保険は必要かなって思いますが、医療保険は貯金があれば不必要という意見もあり、加入するか悩んでいます。

私は独身会社員ですので日額5000円で十分だと思いました。
(もし結婚したりして足りなくなれば足りない分だけ補うつもり)
メディコムA120日型で女性特約・7大生活習慣病特約等をつけて払込合計が約240万円。

貯金があれば不要というのは、払込合計分の預金を医療用として使わずに置いておけるなら良いってことかなぁと思いました。
この解釈であっていますか?
そして皆様はどう思いますか?

ちなみに年収は約250万円、自分でコツコツ貯めた貯金は約2000万円という倹約家ですので、250万は使わずに置いておけます。

閲覧数:
1,892
回答数:
5

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

glu********さん

2012/5/2116:53:00

その解釈で良いと思いますよ。
一般的に日本の医療制度では医療保険は必要ありません。
がん保険だけで良いと思います。

アバター

質問した人からのコメント

2012/5/22 08:23:07

回答ありがとうございました。解釈があっているか?どう思うか?の両方回答していただいたのでベストアンサー★

ベストアンサー以外の回答

1〜4件/4件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

fig********さん

2012/5/2204:24:29

私なら60日型でも良いから加入します。
何故なら今年病気をするかもしれませんし、病気が理由で収入減、叉は仕事を辞めざるを得ない場合もあるかもしれません。
基本的に保険は健康なうちしか入れません。
やめることは簡単ですが、加入するのは難しいのです。
せっかく生きていくために貯めた貯蓄なら医療費のために使わないとか、無くなるのはもったいない気がします。
最近は無責任な事を言うFPも多いですが、あの人達は損得だけでものを言う人も多いです。
国の医療制度も今のままずっと続くかも分かりませんしね。

ckb********さん

2012/5/2119:11:56

すごいなあ~。倹約とは無縁の私がお答えするのも恥ずかしいですが、生命保険を販売している者としてのつたない意見だと思ってくださいね。
私も保険というものは、私の様な貧乏人にこそ必要なもの、という想いがあり、お金をたくさん持っている人にはそもそも不必要という意見には賛同いたします。
ただ、問題なのは、じゃあいくら持っていたら不必要なのか、ということです。たとえば日額1万円、1入院120日タイプの終身医療保険に入って、10年に1度ずつ15日入院したとします。寿命を80年として8回入院なら給付金は120万円。これなら貯金していた方がずっといいです。
問題はタイミングですよね。いつ入院するのか?病状は重いのか軽いのか?そして治療費や諸費用でいくら自己負担しなければならないのか?
いまは独身ですから、ご自身の考え通りでいいと思います。でも結婚したら相手がいますから、自分の考えだけでは進まないかもしれません。さらに子供ができたら、親の介護とかで時間とお金をつかうことになったら・・・。
ご自身だけではどうにもならない、いろんな問題がでてくると思うのです。
もちろん結婚することや、仕事で成功することによって経済状況も変わりますから、逆にお金に困らなくなるかもしれません。
この人生の将来がわかっていれば苦労はないのですが、残念ながら一寸先は闇なのも人生です。
私はがん保険が必要というなら、その前に医療保険だろうとやはり考えていしまいます。がんは女性の半数が生涯のうちに罹患するといわれていますが、その時期はいつかわかりません。がん保険も医療保険のひとつですので、より間口の大きい医療保険が、たとえば結婚後のお産の異常などにも使っていただける(もちろん貯金がたくさんあればいりませんが、どんな経済状態の方と結婚するかもわかりませんよね)と思います。
正直、数億単位の資産があり、その資産価値が変化しにくい、例えば財閥系とか名家などかなり普遍的なお金持ちでないと、言い方は悪いですがサラリーマンのお金持ちは一夜にして貧乏人になる可能性もあるので、ムダを承知で保険もほどほどには準備していた方がいいと私は思います。まだ20年ほどの保険屋人生ですが、この期間だけでも人の浮き沈みは随分見てきましたので、さらに昨年の大震災(私は仙台市在住です)でも、ある日突然の悲劇はありますので、倹約はすばらしいですが、それと保険選びがリンクはしないと思います。
保険商品としては医療保険・がん保険は生きている自分に対する保障を買っているので、解約返戻金などをセットにすることは無意味です。掛け捨てで終身払い、そしてご自身の納得のいく内容で加入され、世の中の状況(健康保険制度や医療制度、医療技術に合った進んだ保障内容)に合わせて、かけなおしていくことも必要です。いまの医療水準にあった保障内容でないと意味がありません。30年前の入院保障などほとんど役に立ちません。長くかけていれば良いというものではないのが、医療保険系です。
人生、長くいきていると当然考え方も変わります。その余地も残しておかれたら、若い時代のあなた様なら、きっと良い選択をされると思います。

mak********さん

2012/5/2116:11:34

昨年保険を見直し、医療保険をなくし、がん保険のみにしました。

以前より医療が発達して、平均的な入院期間が短縮されてきています。
また高額療養費を使えば、1ヶ月の医療費が8万円程度になります。
仮に3ヶ月入院しても24万円にしかなりません。

医療保険の必要性がないとは言いませんが、確率的には保険より
貯金でいいかと思います。

my_********さん

2012/5/2116:08:44

医療保険はその間仕事ができないので収入がないから、貯金を切り崩す。支給されたお金を貯金へ戻すなどとお考えの方もいますよ。

貯金があれば入院している間の入院費や家族がいれば生活費はまかなえますからかけなくても良いとは思いますが。

私なら県民共済やコープので月2000円程度のに念のため入っておきます。
何があるかわかりませんからね。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる