体育の授業が憂鬱です。

体育の授業が憂鬱です。 中二女子です。 いま、体育でバレーボールをやっています。 わたしは、体育が大の苦手で(学年で運動神経がない人一、二を争うくらい) みんなに迷惑をかけまくりです。 体育全般苦手で、キライですが バレーはチームで対戦(毎回おんなじチーム) だし、私のチームは私以外全員強いので(バレー部二人に運動神経が良い子) 迷惑をかけまくっています。 みんな優しくて、ていねいに教えてくれるのですが、 心の中ではみんな私のことを迷惑がっていると思います。 もし、わたしがチームのうまい子と逆の立場だったら私みたいな子はウザイと思います。 体育の時間が嫌でいやで仕方ないです。 体育のことを考えるだけで気持ちが悪くなり 体育のある日は学校に行きたくないくらいです。 だからと言って休むことも出来ないですし・・・。 つらいです。 どうしたらいいですか? 友達に聞いても、『被害妄想激しすぎじゃね?』と真剣に聞いてもらえなかったり 『べつに下手な子見てもそんなこと思わないよ。』など、きれいごとを言います。 ここまで読んでいただいて、ありだとうございます。 誤字脱字すみません。 この質問を読んで不快になられたかたも、もうしわけありません。 回答リクエストは、たくさんの回答を貰うためで どなたの回答も大歓迎です!!

友人関係の悩み142,088閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">25

12人が共感しています

ベストアンサー

このベストアンサーは投票で選ばれました

20

実はこの質問読ませてもらって、共通点めっちゃあるなあってびっくりしました!笑 私も中2です。私も本当に小さい頃から運動音痴です。 質問者様のその気持ち、すごくわかります。 1年のとき、バレーの授業で、ペアになってパスをしたり、班でパスを回したりというのがやはりありました。(バレーに限らず球技系はそうですが) 投げたら変なところに飛んでいくし、相手に届かないし、第一アンダーもショルダーも全くできません。 受け取ろうと思えば怖がって過ぎていってしまって、いつも自分がボールを取りにいくパターン。 これを繰り返せば、やっぱりみんなの目が気になります。 本当辛いよね。私も今の授業はハンドボールだけど、やっぱりみんなに迷惑かけちゃうから、体育がある日は憂鬱です。 でも、よく考えてみてください。 学力や運動能力って、生まれつきのものですよね。 私達がそうなりたいと思って運動が苦手なように生まれてきたのではありません。 それで悩むのって、(失礼かもしれませんが)馬鹿らしく思えてきませんか? 胸を張りましょう。 確かに辛いけれど、これはしょうがないことです。 もしあれなら、メンバー全員に話しましょう。 私も、いつもそうしています。 一緒にペアを組む子や、班の子に「うち運動神経悪いから多分迷惑かけちゃうけど、ごめんね」と一言かければ、相手も、しょうがないなあともなると思いますし。 誰かにそれに関してなんか言われたわけでもないし、そんな悩む必要はないと思いますよ^^ もしそれで悪口などを言われているのを聞いたら、親や先生に相談しましょう。 辛いけど、一緒に頑張ろう^^ ちょっと偉そうな文になっちゃいましたが^^; 長文失礼しました○┓

20人がナイス!しています

その他の回答(365件)

4

学校の体育の授業とは違いますが・・・ 自分は高校の時にバレー部のキャプテンをしていました! 部員の中に、お世辞にも運動神経が良い!とは言えない仲間が居ました!と言うより学年でどころか学校で1番、運動神経が悪いのでは!?と思うぐらい・・・ もちろん、その彼は練習試合にも出場する機会はありませんでしたが、1日も練習を休む事もなく毎日がボール拾いの日々です・・・ そして最後の大会の最終セットで監督がピンチサーバーに選んだのは、その彼! コートの中のみんなは満面の笑顔で彼とハイタッチをして彼はサーブに・・・ その彼の打ったサーブはネットに当たって相手コートにポトリと落ち、きっと彼よりも部員全員が喜んだと思う!(部員の誰もが彼の一生懸命な姿を見て来たからです。 彼がユニフォームを着たのは、この1日だけ・・・ 試合には負けてしまいましたが、とてもすがすがしい最後の試合になりましたよ ^^ 回答と言うより、長い思い出話しをしてすみません。 ちょっとでも、あなたが前向きになれたら嬉しいです!

4人がナイス!しています

3

私はバレーではありませんが、バドミントンで似たような思いをしていました。 同じ学年では最下位レベルで、 ダブルス中心だったため、ペアの子にいつも迷惑をかけていました。 実際、試合に負けるとペアの子には不機嫌な顔をされ、対戦相手も 雰囲気の悪い相手に困ったような顔をしていました。 そのため、私は練習や試合に消極的になり、嫌々やっている状態でした。 ペアの子が休みの時は、他の子とペアを組んで試合をしても良いのですが 「迷惑がかかるから・・・」という思いから、いつも参加せず見ているだけでした。 また、他の人からも「試合しようよ」と誘われても断っていました。 でも、もう一人、私と同じくらいのレベルの子がいましたが その子はいつも明るく、失敗しても「次は頑張るから!」と言って、 試合にも自分から積極的に参加し、一生懸命、そして”楽しそうに”していました。 試合に負けても、その子のペアは嫌な顔ひとつしていませんでしたし、 レベルの違う対戦相手も、楽しそうに試合をしていました。 私のチームとは対照的で、何故私のチームは楽しくできないんだろうと 考えていましたが、結局のところ、私が練習に消極的で上手になろうという 努力を怠ったこと、そして試合も嫌々していて楽しんでいないことが、 ペアの子にとっても不快だったのだと思います。 中学生とのことですが、その歳にもなれば 人に得意・不得意があることも十分に理解できますし 少ない練習時間では、皆が同じレベルまでできるようになれるわけではないこともわかります。 そのため、不得意な子がいればチームでカバーするのが当たり前と考えるでしょう。 だからこそ、あなたのチームの人は丁寧に教えてくれるのだと思います。 なので、あなたも悲観的にならずに、バレーを”楽しんで”やってみたらどうでしょうか? あなたなりに、一生懸命努力をすれば良いのです。 チームの人と同じくらいできるようになる必要はありません。 「下手だから・・・」と消極的にならず、「下手だからいっぱい練習させて!」という くらいの意気込みで、どんどん練習しましょう。 (私のように練習や試合を避けてしまえば、上手になるチャンスを見す見す逃してしまいますよ・・・汗) 運良く、チームの人はうまい人だらけなのですからコツだって聞き放題だし、 あなた一人の失敗くらいカバーしてくれる!とポジティブに考えましょう(^-^)

3人がナイス!しています

4

うざいと思われるかどうかというのは、 当たり前ですが相手とあなた次第です。 相手に関しては、 勝つことにひたすらこだわる人だったり、 思いやりの足りない人だと、うざいと思ってくるでしょう。 あからさまにため息ついたり、舌打ちしたりしてくるひともいます。 表面上取り繕ってるだけかもしれませんが、罵ってきたりしないんだからマシだとだけ思いましょう。 あなたの周りの人は内心あなたのことをうざいと思ってるかもしれませんし、 本心からやさしい人たちなのかもしれない。 どちらであろうとどうしようもありません。 他人の心の中のことですから。 そして、より重要なのは自分自身のことでしょう。 他人の心をどうこうするのは無理でも、自分の心や態度は自分次第 がんばって変えるならこっちでしょう。 できる、できないというのは学校の体育に限った話じゃありません。 社会にでれば、仕事ができるできないの話になるし、 家庭なら家事ができるかできないの話になるでしょう。 できない人は世の中に大勢います。 できないからうざいなどといって突き放していたら社会は回っていきません。 できない人はけっこうたくさんいるからです。 実際のところ、周りから仕事ができなくてうざいと思われる人は、仕事ができないからうざいのではありません。 仕事ができないくせに態度がでかい、できないくせに努力しない、できないからってやたら卑屈になってくる。 などの理由でうざいです。 誰の目からみても一生懸命努力してる人、謙虚でポジティブな人は仕事ができなくてもめったに嫌われたりしませんよ。 この心がけは生きていく上でかなり重要だと私は思ってます。

4人がナイス!しています

2

分かる~ 私も運動が苦手で、体育の成績は常に「下位」 体を動かすこと自体は好きだったのですが バレーだけは大嫌いでした 質問者サンと全く同じ理由で… 一人二人を除いて、 皆、気にしないでと言ってくれるのですが そう言われても、より(皆に悪いなぁ~)と気分が凹むのと 出来る人達からの足手まといになってるという視線が怖かったです(苦笑 <みんな優しくて、ていねいに教えてくれる というのは、普段の質問者サンの、周囲への接し方がいいからだと思いますよ 誰でも得意・不得意はあるから 開き直らないとやっていけない あとは、ひねくれてネガティブな態度にならないように バレーが苦手ながらも、皆が教えてくれるところは頑張ってる姿勢を見せること コレ、大事な気がします 私は当時、もう円陣バレーのラリーさえも嫌になって 誘われても入らなかったのですが; それでは、逆効果だったと思います 体育もずっとバレーばかりじゃないでしょうから 早く嫌な時期から抜け出せるといいですね できる運動を探せるようになると、皆と一緒の活動も楽しめると思います 大人になるに従い、嫌なことや苦手なこととばかり対峙しなくてはならないでしょうから 今のうちに耐える練習になるといいですね♪;

2人がナイス!しています

2

わかります。私も学年で1,2を争う運動音痴でした。ですから団体競技は大嫌いで特にバレーは、恐怖でした。 被害妄想という方もいらっしゃいますが、 中学生くらいだとわざわざ「うぜーっ、なんでこんなことも出来ないの??!!マジ邪魔なんですけどー」 …と口に出す人もいます。 (私は学年のボス的な存在の女の子に言われ、戦慄しました) 下手な子を見ても邪魔だとは思わないっていうのはやっぱりキレイ事に感じます。 自分以外はみんな上手ということは、おそらく学校の先生がパワーバランスを加味してチーム分けした結果でしょうか?(憶測ですので間違っていたら申し訳ありません) 練習すれば何でもできる・・・とはいかないのが学年で1,2を争うほどの運動が苦手な人間のつらいところです。 なので、これだけは誰にも文句を言わせない! というくらい死ぬ気で、 (失敗すると痛いので)サーブと、あとはトスあたりの腕を上げてはいかがでしょうか? 毎日毎日時間があるときに練習すれば必ず結果は出ます。時間はかかるので辛いですが。 (私はそれでようやくトスが20回続くようになりました。サーブは成功率が80パーセントまで上昇です) ちなみにこの作戦他の競技にも使えました。 バスケはシュート(成功率5パーセント→80パーセント) 卓球はサーブ、スマッシュ(全く当てることも出来なかったのが人並みになりました) サッカーだとジグザグドリブル(ボールに遊ばれていたのがきちんと蹴りながら進めるようになりました) ・・・といった感じでしょうか。 これだけはできる!というのがあると自信がついて、団体競技でも引け目を感じる気持ちが薄れます。 長文失礼しました。失礼な表現もあるかと思いますがご容赦ください

2人がナイス!しています