ここから本文です

妊娠中 ピレスロイド系殺虫剤を吸引、胎児への影響は?

mim********さん

2012/5/2118:50:29

妊娠中 ピレスロイド系殺虫剤を吸引、胎児への影響は?

ただ今、妊娠5週2日目になったばかりです。

今日、室内にある45リットル入りのごみ箱を水拭きしようと外側、内側を拭いていました。

内側を拭いているときになんとも言えない匂いがしたのですが、
ごみ用に消臭につかっているものの匂いだと思い5分するかしないかぐらいごみ箱に顔が入るかたちで拭いていました。
しばらくすると気持ち悪くなり、少しの咳と下腹部痛が・・・・

そこでやめたのですが、原因を考えているうちに
引っ越し当初(1年前)に虫が寄り付かないようにと安易にアースの虫コロリアースをごみ箱に噴射したことを思い出しました。

見るとピレスロイド系(ピレトリン、b-t80-プラレトリンとエトフェンプロックス)が使われているものでした。

今まで使って虫には確かな効果があると知っている分、胎児に影響が出て障害が出たらとすごく不安です。

5週目は一番大切な部分を作る大切な時期なのに・・・・
本当に後悔しています。

これらの行動から胎児に影響があるのはどのくらいの確立でしょうか。
24日に病院に行くのでその時に先生に確認しようとは思っています。

また、吸ってしまったであろうピレスロイド系物質を緩和する手段はあるでしょうか?

下腹部痛があったこともあり、とても不安です。
いてもたってもいられず、わかる方おられましたらどうかお願い致します。

閲覧数:
48,060
回答数:
1
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

奥村防蟲科学の画像

企業公式

2012/5/2208:39:52

元薬剤メーカーです。 全てのご質問に回答いたしますのでご安心ください。

合成ピレスロイド系化合物は、ネコを除く、ヒト、イヌなど恒温動物の体内では加水分解などの代謝により速やかに分解されます。
合成ピレスロイド化合物の多くは紫外線、水、アルカリによって分解消失します。

よって一度に多量(数十ミリリットル以上など)の薬液を誤飲するなどしない限り健康被害を生じる恐れはありません。

また、催奇形性など遺伝子レベルでの異常の誘発危険性については、化合物の発見から製剤開発、そして上市に至るまでの過程において厳密に動物実験等を重ねて安全性を検証しています。

現在、市場に流通している全ての殺虫剤や医薬品は、多くの実験動物たちの尊い命と引き換えに安全性が確認されて上市されています。

あなたが殺虫剤を使用したのは引越当初の1年前です。
そして、殺虫剤を噴霧した場所の臭いをかいだのは最近です。

家庭用殺虫剤の残効性は、業務用とは異なりせいぜい7日から10日です。
万一の誤使用においても危篤にならないよう、効力よりも安全性を優先した有効成分量に設定されています。

このことから、あなたの噴霧した合成ピレスロイド系化合物はすでに分解消失しているものと考えられます。
たとえ密閉空間のゴミ箱内であっても、とうてい1年は持ちません。
紫外線の影響はほとんど受けないものの湿気の影響は受けるため、長くとも10~14日です。

よって、上記の理由により、ゴミ箱内に噴霧した合成ピレスロイド系化合物による胎児への影響は無いものと結論します。

なお、下腹部痛については、無理な姿勢を続けたことが影響したものと思われます。

以上ですが、少しでもご安心頂けたら幸いです。

質問した人からのコメント

2012/5/25 09:17:30

とても詳しくありがとうございます。
自分のせいで子供に何かあったらととても不安だったので安心しました。

これからはもっと慎重に生活しようと思います。

「ピレスロイド系殺虫剤」の検索結果

検索結果をもっと見る

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる