ここから本文です

日本史上の権力者は、何故世界史みたいに、その権力を国外に向けようとしなかった...

cat********さん

2012/5/2320:34:11

日本史上の権力者は、何故世界史みたいに、その権力を国外に向けようとしなかったのですか?
せいぜい、秀吉の朝鮮出兵くらいでしょうか?
また、朝鮮出兵で勝っていたとしても、当時の朝鮮半島を開拓するべくメリットがあったんでしょうか?

閲覧数:
218
回答数:
3
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

mei********さん

2012/5/2322:22:36

一言で言えば、対外的に土地を収奪することを思考するほど強力な中央政府が発生するのが豊臣政権が初めてだったからです。中央政府はそれ以前に平安期以前の朝廷や鎌倉室町両幕府など存在はしていました。しかしながら例えば朝廷は白川以北は王権が及ばない地域としていましたし、完全に列島を掌握していたとは言えず、軍隊も桓武帝期に解散しています。また鎌倉室町両幕府時代は家人は独立性が強く、将軍を盟主と押したてていたに過ぎない緩い統制だったのと、幕府が常備軍的な私兵をもっていなかったので実際的に外征は無理ですし、政権の性格上、外征を志向する政権ではありません。

その後の戦国期を経て発生した豊臣政権が日本史上初の強力な中央政権と言え、かつ戦国期の東アジアは非常な寒冷期で物なりが悪く、市井にあぶれた浮浪人を国が養う力がありませんでした。そのことも含めて開墾し経済基盤を整える必要性が出てきたことも豊臣政権の外征が企図された理由のひとつだと言われます。同様の理由で大坂の陣後に大量発生した浪人を養う為に徳川幕府による東南アジアへの大規模外征が検討されたそうです(出典は雑兵たちの戦場)。

また朝鮮半島の領土化のメリットですが、山がちな寒冷地である朝鮮半島を領土化することは、当時としては労多くして役は少なかったのではないかと思われるますし、大陸の勢力と直に接するデメリットの方が大きいと思われます。

質問した人からのコメント

2012/5/26 19:57:00

降参 ありがとうございました。

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

ポアロさん

2012/5/2322:11:21

有る国が外征に向かうというのは、その国が統一されたパワーの余力が溢れて外に向かう事が多いからです。
日本の場合外国との間には海がありますので余程そのパワーが顕著に発揮されないと外征にまでつながりません。

日本史においては三回
大化の改新の後の天智天皇の朝鮮出兵。
戦国時代後の秀吉の唐入り。
明治維新後の50年戦争。

日本の国力は世界屈指とは言えなかったのでこの三回です。
まあ私の私見では余力のあった時は一応海外に目を向けたという見解です。
辺境の島国なので海外進出はこの程度という訳です。

もう一つ、日本人には穢れの思想がありますので、外国と外国人が基本嫌いです。
安定していれば内にこもる方を好むのという性質が外征を求めない傾向を生むという事もあるでしょう。


>また、朝鮮出兵で勝っていたとしても、当時の朝鮮半島を開拓するべくメリットがあったんでしょうか?

秀吉の狙いは明国の制圧でした。朝鮮は単に通り道としてしか考えていませんので開拓のメリットなど考慮の他です。

ich********さん

2012/5/2321:53:48

国内での統一ができていなかったので、海外に目を向けている余裕がなかったと思います。秀吉の朝鮮出兵は国内を統一してしまい、家臣に褒美として与える土地が無くなってしまい国外に領土を広げざるを得なかったのでしょう。金品よりも土地が重視されていた故ですね…

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる