茶道 裏千家 棗からお茶をすくうときはどうしてカタカナのツのじを書いてからすくうのですか?

茶道1,155閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">25

ベストアンサー

1

1人がナイス!しています

ThanksImg質問者からのお礼コメント

皆様ありがとうございました。 最初の方をBAにしたいとおもいます

お礼日時:2012/5/31 10:50

その他の回答(1件)

0

カタカナの「ツ」を書くふりをしてから、すくう、のではなく、掬う時の茶杓のかい先が、ひらがなの「つ」の字になるように、です。 もともと、必ずしも「つ」でなくてよかったのだろうと思いますがと、薄茶を何人にも続けて点てる時、あちこちからすくって、跡がぐちゃぐちゃにならないように、山型に整えた天辺を残すように、同じ場所からすくうほうが、終った後の姿が美しい。 それを、「し」の字がいいか、こっちがいいか、と工夫した時代が大昔あったと思いますが、わが流派では「つ」の字にする、という教えに従いましょう、と決めたのでしょう。