WindowsのノートパソコンはなぜMacより充電の持ちが悪いのでしょうか

パソコン671閲覧

ベストアンサー

このベストアンサーは投票で選ばれました

0

その他の回答(3件)

0

グラフィックチップ搭載機でありながらカタログスペック10.7時間というノートがありますよ… ASUS U30SD 13.3インチ 2kgで通常のバッテリーです まぁ アレだ どっちも同じIntel製CPU+Intel製チップセット使って さらにHDDやSSDも同じ メモリも台湾か韓国のDDR3 So-DIMM 違いが出るのはバッテリーの容量ぐらいです でも、本当ならWindowsのほうが長いです なぜなら、Macには低電圧版や超低電圧版CPU搭載機が無いからです これ使われたらMac詰みます CPUの消費電力が半分くらいになっちゃいますからね

0

これは偏に、バッテリーの容量なところが大きいです。 MacBookに標準搭載のバッテリーの容量は4788mAh程度(機種に依ってプラスマイナス1割くらい)という検証が載っていたサイトがありますが、Windowsノートの標準バッテリーでそこまで大容量なものはまずありません。 こちらのような標準的なWindowsノートの標準的なバッテリーを例に挙げますと http://www.amazon.co.jp/dp/B000ENC57E 容量が2600mAhです。 同型PC用の大容量のものになると http://www.amazon.co.jp/dp/B000ENC57O 5200mAhですので、MacBookの標準バッテリーといい勝負です。 MacBookには、標準でWindowsノートの大容量バッテリー並の容量があるバッテリーが搭載されている、ということだと思います。

0

現状OSは違いますが、中身のパーツ自体はWinPCもMacPCも同じ なので、 単純に比べているMacPCの中身に省電力パーツが使われているか、 性能が低いパーツを使っているだけだと思います。