ここから本文です

WindowsのノートパソコンはなぜMacより充電の持ちが悪いのでしょうか

ris********さん

2012/5/2623:13:15

WindowsのノートパソコンはなぜMacより充電の持ちが悪いのでしょうか

閲覧数:
615
回答数:
4

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

dan********さん

2012/6/219:11:55

Macのバッテリー容量が大きいと言う事が大きな理由の一つですが、何故、windows機に大きなバッテリーを入れられないか?と言う事を考える必要があります。
確かに、windows機でもモバイルマシン等で長時間もつ物もあります。(DynabookSS等)
しかし、その分、プロセッサのクロックは低めであり、液晶画面もモバイルなので当然小さく、電力を食う装備は極力外しています。
Macと同等のスペックで同じ時間もつマシンを作ろうと思うと、筐体や基板の設計の問題になります。
つまり、コンパクトで整然とした機能的な配列、放熱等を考慮したデザインがMacは優れていると言う事です。
故Jobs氏は、基板の美しさにもこだわったと言います。普通のユーザーの目に触れる事の無い基板までも美しさにこだわるのがApple流だと言います。
その結果(美しさにこだわった結果)、コンパクトで機能的な配列の基板になったとの事。そのおかげでこれほど薄く、コンパクトなマシンに、大きなバッテリーを登載する事ができるわけです。
windows機も、コストさえかければ同じ様な事は可能でしょう。しかし、金太郎アメのwindowsの世界では、安さだけが勝負。多くのユーザーはコンセントにつないだままノートを使う。ならば、そこまでこだわる必要も無いと言う、メーカーの結論に達します。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

roy********さん

2012/5/2700:39:13

グラフィックチップ搭載機でありながらカタログスペック10.7時間というノートがありますよ…
ASUS U30SD
13.3インチ 2kgで通常のバッテリーです

まぁ アレだ
どっちも同じIntel製CPU+Intel製チップセット使って さらにHDDやSSDも同じ
メモリも台湾か韓国のDDR3 So-DIMM
違いが出るのはバッテリーの容量ぐらいです


でも、本当ならWindowsのほうが長いです
なぜなら、Macには低電圧版や超低電圧版CPU搭載機が無いからです

これ使われたらMac詰みます
CPUの消費電力が半分くらいになっちゃいますからね

2012/5/2623:37:05

これは偏に、バッテリーの容量なところが大きいです。
MacBookに標準搭載のバッテリーの容量は4788mAh程度(機種に依ってプラスマイナス1割くらい)という検証が載っていたサイトがありますが、Windowsノートの標準バッテリーでそこまで大容量なものはまずありません。

こちらのような標準的なWindowsノートの標準的なバッテリーを例に挙げますと
http://www.amazon.co.jp/dp/B000ENC57E
容量が2600mAhです。

同型PC用の大容量のものになると
http://www.amazon.co.jp/dp/B000ENC57O
5200mAhですので、MacBookの標準バッテリーといい勝負です。

MacBookには、標準でWindowsノートの大容量バッテリー並の容量があるバッテリーが搭載されている、ということだと思います。

ni6********さん

2012/5/2623:23:09

現状OSは違いますが、中身のパーツ自体はWinPCもMacPCも同じ
なので、

単純に比べているMacPCの中身に省電力パーツが使われているか、
性能が低いパーツを使っているだけだと思います。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる