ここから本文です

建設業許可は必要?

tak********さん

2012/6/816:13:34

建設業許可は必要?

弊社はA会社とコンサルティング契約ないし業務委託契約を締結したいと考えています。
(弊社がコンサル・受託側でA会社がクライアント・委託側)

内容は、弊社がA会社のために、A会社の敷地内に工場を建設してあげることを含む包括的なもので、トータル1億円(うち工事費5000万円)とします。工場は仮にお菓子工場とさせてください。
弊社が受託する業務、具体的には、

●お菓子の選定
A会社がある地域の特性やA会社の意向などを勘案し、カリントがいいのかクッキーがいいのかを決定する。
●製造機器の調達・導入
上記カリントかクッキーかの選定に基づき、それ用の製造機器を弊社からメーカーに発注して工場に導入します。
費用は上記1億円のうちから弊社が支弁します。
●工場の設計・建設発注
選択した菓子種・製造機器種に適した工場設計を弊社が設計事務所に発注いたします。
また、建設工事(建屋建設・製造機器の工場内配置・電気工事など。建設業法にいう「建設工事」に含まれるとします)も、弊社より、お菓子機器メーカーかその他の建設会社あるいはその双方に発注いたします。
設計・工事とも費用は上記1億円のうちから弊社が支弁します。
●売り先の開拓
工場が稼働し始めた後にお菓子を卸す先を弊社が開拓いたします。
クッキーならコンビニ、カリントなら駄菓子屋、といった具合です。
●その他、これらに関連する一切の業務

ところで、上記の受託内容のうち、特に工事の発注に関して、

①弊社は元請負業者に該当して、(特殊)建設業許可を取得する必要がありますか?
②あるいは単なるA会社の代理人にすぎず、建設業許可は不要となりますか?

「いかなる名義をもつてするかを問わず、建設工事の完成を請け負う営業」(建設業法§2②)へのあてはめにおいて、弊社は発注側になるのか、あるいは請け負う(建設業者)側と解釈されるのかの問題なのかな?と考えましたが、どなたかご教授くださいまし。

※全く的外れでしたら、その旨ご指摘いただけると幸いです。
(ex.)建設業許可じゃなくて建設コンサル登録が必要だよ、etc.
※建設業許可が必要な場合、他に気を付けるべきことはありますか?
一応、一括下請負になるので、A業者の書面による同意をとることと、電気工事業者登録をすることは認識しております。

閲覧数:
3,999
回答数:
1
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

zwq********さん

2012/6/902:42:25

>弊社より、お菓子機器メーカーかその他の建設会社あるいはその双方に発注いたします。

この部分は、A社から受注した工事を発注するのであって、自らのために発注するのではないのですから、業法にいう「建設工事を他の者から請け負つた建設業を営む者」すなわち「元請負人」に当たるので、抵触するでしょう。

→機器メーカに発注するに限っては「動産売買」として逃げ切る余地もあるでしょうが、いわゆる「車上渡し」にとどまらず「設置作業」まで商売の範囲に含むのであれば、「左官工事業」と同じ位置づけで「機械器具設置工事業」という専門業種があるくらいなので、「建設工事の完成を請け負う営業」に当たると考えるべきでしょう。

したがって、ご指摘のように「一括下請」にかかる書面による承諾と、そもそも貴社ご自身の建設業許可(金額によっては「特定建設業」→「特殊」ではありません)の許可が必要だと思います。

それはそれとして・・・
個人的な見解ではありますが、建設業法は、発注者の保護の観点からは、受注者が有すべき工事を完成させる能力のキモは技術力と資金力だと考えているように思えます。
→キモになる許可要件は、技術者(国家資格者ないしは実務経験者)と純資産(額と比率の両方)です。
→金額のバランスにもよりますが、工場建屋と機器の設置とがセットなら建築一式工事で請けることができると思います。そのうえで、機器類は発注主から設計・施工に対して「指定」すればいいでしょう。

そうすると、技術力と資金力に直接かかわらないような手法であれば、建設業法の「守備範囲」ではないのですから、許可が無くても貴社が関与する余地があるように思います。

すなわち、1億円全部を売上にしようとするのではなく、貴社がコンサルタントとしてA社から業務委託手数料(顧問料)をもらうとか、受注する建設業者から「顧客紹介手数料」をもらう、という余地はあるのではないでしょうか。

A社が納得していれば最終的に得られる利益額は同じはずですし、建設工事や機器の瑕疵(菓子ではありません・・・)の責任を(直接には)負わない分、トラブった際のリスクは小さいと思います。

→要は、建設工事の受発注の当事者にならなければいいんだろうと思うのです。

>工場設計を弊社が設計事務所に発注いたします。

設計業務に関しても、建築士事務所の登録を要求される余地があるようにも思えるので、念のため。

→設計事務所(建築士事務所)の登録は資金力がなくても技術力(資格者)だけでOKです。

→アネハ事件以降、建築設計の外注(下請)構造についてもうるさくなりました。

>(ex.)建設業許可じゃなくて建設コンサル登録が必要だよ、etc

一般に「建設コンサルタント」という商売は、ダム・トンネル・道路・橋梁・鉄道といった土木工事(構造物)に関する「設計事務所」みたいな位置づけにあるので、本件のような「建物/建築物」のケースでは、建築士法の規定に基づく「建築士事務所」が関与すべきでしょう。

>電気工事業者登録をすることは

新築なり丸投げを意識されているようなので、自分で配線するとか電気工事がメインとなる工事でもなければ、建設業法の電気工事業者許可や電気事業法の電気工事業者登録は不要であり、上述の通り、建築一式工事の許可があれば足りるでしょう。

質問した人からのコメント

2012/6/9 13:54:37

成功 大変よくわかりました。ありがとうございます。

ちなみに、弊社がコンサルにとどまる案は、もちろん選択肢として認識しております。

ところが、弊社が当該プロジェクトの主導権を握りたい、
そのために機器代や工事費用を弊社経由で払い込ませたいとの思惑があり、
上から指示もありましたもので、、、。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる