ここから本文です

解説お願いします。

set********さん

2012/6/921:10:00

解説お願いします。

紀伊国屋文左衛門,解説,太平洋側,みかん,ご存じ紀伊国屋文左衛門,ベーリング海

閲覧数:
142
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

小川さん

2012/6/1007:59:49

江戸時代、現在の和歌山県でのミカンの収穫をしている様子ですね。

江戸時代の紀州からのミカンといえば、ご存じ紀伊国屋文左衛門です。
このミカン船のどこが凄いかといえば、当時海運は日本海の北前船が中心だったのです。
これは、日本列島が弓型にそっているため、日本海側だと事故にあってもどこかの陸地にたどりつけるのですが、太平洋側だと、風に乗って北に流され最悪の場合ベーリング海のほうまで行ってしまい日本に戻ってく来られないという、日本海航路に比べ太平洋側は非常に危険な海だったのです。
これを、危険を冒して太平洋航路を開いたということで画期的で、紀伊国屋文左衛門はすごいんですね。

江戸が大火に見舞われているさなか、飛騨の山の木を買い占めに走った男ですから並の人ではありません。
昨年の東北沿岸を襲った大津波の映像を実況で見たとき、恐ろしさに「どうなってしまうのだろう」と、ショックを受けていただけの私など、だめな人間です。
紀伊国屋文左衛門がいたら、同じテレビをみながら、きっと日本中のコンパネを買い占めていたでしょうね。(笑)

質問した人からのコメント

2012/6/10 08:13:16

降参 おはようございます。日本海航路のほうに母方の祖先がかかわっていたような。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる