ここから本文です

サドンデスは、死は良くないだろうということでゴールデンゴールになりましたが、...

niw********さん

2012/6/1001:35:58

サドンデスは、死は良くないだろうということでゴールデンゴールになりましたが、デッドボールはいつ言葉が変わりますか?

閲覧数:
173
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

tnw********さん

2012/6/1622:58:33

投手の投げたボールが打者に当たることを 「死球」 としたのは誤訳です。
英語では hit by pitch ですが、この時審判はボールデッド(プレーの中断)を
宣言しました。 ところがそれを聞いた日本人がボールが打者に当たることを
ボールデッドというのだと誤解して 「死球」 と訳してしまったのです。

質問した人からのコメント

2012/6/16 23:58:13

質問に正対してね

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

par********さん

2012/6/1011:10:28

デッドボールは、当たりどころが悪ければ生命にかかわる文字通りの「死球」ですね。
野球には他にも刺殺、挟殺、捕殺、併殺といった「野蛮な」表現が使われています。
攻撃側は相手の塁を「盗む」。守備側は敵を「殺す」。
侵入者から身を守るために銃の所持を許されている、アメリカらしい発想ですね。
このような表現は、ベースボールそのものなのです。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる