ここから本文です

野村進「コリアン世界の旅」を読むと、「(戦時中)強制連行された朝鮮人の大半は戦...

gak********さん

2006/7/3118:04:44

野村進「コリアン世界の旅」を読むと、「(戦時中)強制連行された朝鮮人の大半は戦後まもなく日本政府の計画送還で帰国している。現在の在日朝鮮人一世の大半は戦前から日本に住んでいるか、戦後密航してきた人々である。強制連行された朝鮮人の多くが、未だに日本にいるかのようなイメージをもたらしているのは、TVなどで在日朝鮮系知識人がそのような誤情報を流していることに多くの原因がある」と書かれていました。(字句は不正確)

前半に関してはその通りだと思いますが、「TVで誤情報を流している在日朝鮮系知識人」というのは、具体的にどのような人なのでしょうか?

「TVでよくみる」李英和氏や辺真一氏、姜尚中氏などは、少なくともそのようなデマは流していないと思います。

※「朝鮮人」は差別語ではありません。「朝鮮半島内に国籍を持っている、または国籍を持ち、かつ居住している人々」という意味です。

閲覧数:
1,440
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

apo********さん

2006/7/3118:50:12

第二次大戦後、敗戦国の住民はかつての居住地から追い払われた。満州(中国東北地区)から日本人は日本へ。ポーランドの雑居地帯からはドイツ人がドイツへ強制的に無一文で追い払われた。日本政府ではない、アメリカ占領軍が日本にいる朝鮮人を朝鮮半島に戻した。そのとき戦勝国民として威張っていた朝鮮人は半島に帰りたくないと泣き喚いて、柱に捕まってチビッて泣き騒いだのを目撃している。それが、朝鮮戦争時のドサクサにまた日本に入り込んできて、日本に住み着いたのである。
『強制連行」という表現もおかしい。半島は戦時中アメリカも認めていたように日本の領土だから、朝鮮人も国籍は「日本」だ。日本国内の日本人を戦時工場で働かせるために、強制することを『徴用』という。生粋の日本人も家庭を離れて、中高生なら横浜辺りの軍事工場で働かされ、グラマンの機銃掃射で殺されたのだ。20才を超えた男は徴兵されて、南の島や大陸で飢えて死んだ。これだって本人の「平和に生きたい」という意思に反して戦地に連れて行かれたとすれば、日本人の日本人による強制連行だ。結局だ、用語の使い方があいまいだし、そのあいまいさを自分の主義主張に利用しているのだ。日本国籍だった朝鮮人も正しくは『徴用』という。
「強制連行」というなら「現状復帰」が原則だから、かつてのアメリカ軍が命じたように、出身地に今からでも遅くはないからお帰りいただくのが正しいはずだ。ここをハッキリ述べていないのが「誤情報を流している」ということである。さて、あなたの上げた方々は正しく言葉を使っているか。

質問した人からのコメント

2006/8/6 08:08:42

強制連行≠徴用
↑これはその通りだと思います。
アメリカ占領軍が朝鮮人を計画送還...
↑これはデタラメとは言いませんが、間違っていると思います。
それと、朝鮮人は「戦勝国民」ではありません。「第三国人」です。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

別のキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる