地理 ケッペンの気候区分について 気候の記号(AwやBSなど)につくw,sの意味は、w:冬に乾季 s:夏に乾季と教わったのですが、砂漠気候の雨温図を見てみると、若干ではありますが、冬に降水量があ

地理 ケッペンの気候区分について 気候の記号(AwやBSなど)につくw,sの意味は、w:冬に乾季 s:夏に乾季と教わったのですが、砂漠気候の雨温図を見てみると、若干ではありますが、冬に降水量があ って、夏の降水はないのです。砂漠気候は、BWですから、冬に乾季のはずなのに何故でしょうか? さらに、ステップ気候(BS)の雨温図では、夏に短い雨季が発生しているのです。Sだから、夏に乾季のはず、何故、夏に降水して冬に乾燥するのにB「S」なのでしょうか?

一般教養3,832閲覧

ベストアンサー

0

先の回答者さんのおっしゃるとおり、大文字と小文字の違いを理解すれば謎は解けます。 尚、補足させて頂きますと、ドイツ語の意味は 冬乾燥 w - wintertrocken 夏乾燥 s - sommertrocken 砂漠 W - Wüste ステップ S - Steppe の意味です。

ThanksImg質問者からのお礼コメント

お二方とも、ありがとうございます。

お礼日時:2012/6/26 22:25

その他の回答(1件)

1

ケッペンの気候区分のBWとBSのBは乾燥気候を表しています。BWのWはドイツ語の砂漠のはず。BSのSはステップの意味です。 A・C・Dの後に付くwとsは、w=winter dry s=summer dry の意味です。大文字小文字の違いで憶えると良いでしょう。 Bになるかどうかの閾値=乾燥限界値(mm)の計算方法は自分の勉強と思い、検索して探して下さい。 さらに色んな都市のデータを計算してABCDEを計算できればあなたはケッペン気候区分のカテゴリーマスターになれます。

1人がナイス!しています