ここから本文です

フランス革命やスターリン・ソ連、ナチスなどの影にうっすら出てくる「シオニスト...

tit********さん

2012/6/3022:54:54

フランス革命やスターリン・ソ連、ナチスなどの影にうっすら出てくる「シオニスト」「シオニズム」とは何ですか?ユダヤ人のことですか?

閲覧数:
390
回答数:
1
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

nib********さん

2012/6/3023:45:27

そうです。

ユダヤ教の聖地エルサレムのシンボルに「シオン」という丘がありまして、「いつかはシオンの地(エルサレム)に帰ろう」というユダヤ民族の願いを「シオニズム」と呼ぶようになったのです。
一般的には「聖地回復運動」「ユダヤ民族復興運動」のことを意味します。大雑把に言えば「ユダヤ人の民族運動全般」がシオニズムですね。
で、そういう運動・活動・発言をする人、そういう思想を持ってる人が「シオニスト」と呼ばれたわけです。
「聖地回復」はもう実現してますから、すでに死語ですけど。
ちなみに英語だとZionism
ガンダムのジオン公国やジオニズム思想の語源でもあります。

質問した人からのコメント

2012/7/3 14:58:01

なるほど、ありがとうございます

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる