ここから本文です

何故日清戦争の講和会議は、下関で行われる事になったのでしょうか?

rid********さん

2006/8/1319:49:40

何故日清戦争の講和会議は、下関で行われる事になったのでしょうか?

閲覧数:
576
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

陸奥宗光が、講和に乗り気でない、中国側の全権、李鴻章を威圧したかったから。

(目の前の馬関海峡を、朝鮮に向かう日本の輸送船が続々と通過するのを見せたかった。)

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

さん

2006/8/1410:20:41

戦勝国が敗戦国を呼び出す形で講和会議が開催された。日清戦争から遡って考えると、朝鮮での利権をめぐって甲申事変でも日清両国軍が衝突しているが、この時は清が有利であったため、中国の天津に日本の全権として伊藤博文が出向く形で条約(天津条約)が結ばれている。
尚、日清戦争時には一時的に大本営が広島に置かれていたこと、また下関が日本軍の出撃拠点であったことも下関での講和会議開催につながったのではないか。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる