ここから本文です

きのこの笠について・・・ きのこの笠は、なぜ傘のような形をしているのですか? ...

mis********さん

2012/7/522:37:32

きのこの笠について・・・
きのこの笠は、なぜ傘のような形をしているのですか?
なにか意味があって傘のような形をしているのでしょうか?

ご回答お願いします!

閲覧数:
6,527
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

cyo********さん

編集あり2012/7/821:04:04

きのこは八百屋で売っていますが
「カビ」や「菌」と同じで植物ではありません

野菜と事情が違うのは
きのこの形はきのこの本当の姿では無い事です

先に述べたとおり きのこはカビや菌と同様ですので
顕微鏡などで拡大しない限り 全貌が見て取れません

普段私たちがきのこを見ている事は例えるなら

人々が群集になってプールに入っている様子を 近眼の人が・・・
動いている事も解らないくらい 遠方から眺めている事と同様なのです



生物化学の実験で
寒天地に菌やカビを培養した経験は誰しもあると思います

あのシャーレの中の
培養媒体の形がきのこの形です
殆ど全てが円形に広がり
シャーレの底にまで菌糸が伸びているのが見て取れます


例えば豊かな水を蓄える静かな湖や泉に
あなたが石を投げ入れたとします

石が落ちた点を中心に波紋が広がりますね・・・

投げ入れた石は沈降線(石が落ちていくライン)を描きながら
底に向かって真っ直ぐ落ちていきます

水面を真横から見ると

水面に広がる波紋がきのこの笠部分・・・
沈んでいく石の沈降線がきのこの軸になります

大気圏下できのこが発芽し繁殖するにあたり
重力や空気や地質などの「抵抗」を受けて育ちます

地面と空気の境目に繁殖媒体があったとすると
きのこの胞子は抵抗の少ない空気中に伸びやすくなります

無論 嫌光性 好湿性などの性質で
地中に一旦、胞子手をのばす事も知られていますが

菌が繁殖するうちに変性し抵抗力が生まれますので
硬い地面よりも柔らかな空気中に より育ちやすくなります

なぜ上に伸びるのかは重力の影響で
重いものは下に落ち 軽い物は上に上るから です

きのこは殆ど水分で構成されています
より水分密度が高い部分は下に落ち(下に伸びる)
水分密度が低い部分は軽くなりますので上に伸びるわけです

水分密度の高低は外気に触れたり、
光に晒されたりして変化します

台所でお湯を流すと
湯気がモクモク立ち上りますね その形は正に きのこソックリでしょう?!

その湯気の動きが「きのこの形状形成」の現象なのです

熱対流がおこり 周りの温度や空気の流れを受けて
歪んだり流れたり 長細かったり 丸まったりします

雲と同じです

きのこは質問者さんがイメージする
「シメジ」や「シイタケ」「マツタケ」の様な
いかにも「きのこ」型のほかに

舞茸やあわびたけ サルノコシカケ キクラゲや・・・

地中にのみ生育する「トリュフ」類も存在し形がさまざまです

きのこはその個性で 生育環境を選び 自ら繁殖場所を選びます

未だ「栽培」に成功しない種があるのは その性質があるからです

きのこの形は遺伝子と環境によって変化します
同じ種類のきのこでも場所が違えば形や色が変わり
時に別種のきのこと認識されてしまいます

ですので食用の可否の判別が大変難しい理由でもあります

きのこの笠が笠のように広がって見えるのは
きのこの意思ではなく

物理的な重力と空気の影響などを受け
その他の環境でその形が必然的に変化していると考えられます

きのこは八百屋で売っていますが
「カビ」や「菌」と同じで植物ではありません

野菜と事情が違うのは...

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる