ここから本文です

連結上のその他有価証券評価差額金について質問です(。・д・。)

ROCOさん

2012/7/1201:02:31

連結上のその他有価証券評価差額金について質問です(。・д・。)

持分法適用会社が保有するその他有価証券において、期末に評価差額がある場合、連結上はどのような仕訳が行われますか?

持分法適用会社をA社とし、40%保有
A社が保有する有価証券の取得25,000 期末時価 28,000だとしたら、
連結
借)A社株式 1,200 貸)持分法による投資損益 1,200
だと思ったのですが・・・
仕訳の答えはなく、連結B/S上のその他有価証券評価差額金が1,200プラスされることになっていました。

持分法適用会社のその他有価証券差額金は連結上だとA株式の増加ではなく、別勘定としてその他有価証券評価差額金が存在するのでしょうか?
それは増加分だけが認識されるということなのでしょうか?

わかる方いたら教えてくださいo(_ _*)o

閲覧数:
3,667
回答数:
1
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

ais********さん

編集あり2012/7/1202:17:39

(借方)A社株式 1,200 ※
(貸方)その他有価証券評価差額金 1,200

※(28,000-25,000)×40%=1,200


ですo(^-^)
確か持分法は被投資会社の純資産の増減を投資会社が保有する被投資会社の株式に反映させる方法です。被投資会社の財務諸表では利益剰余金ではなく評価換算差額(その他有価証券評価差額金)が増えているので持分法投資損益ではなくその他有価証券評価差額金を反映させます(o^-’)b

質問した人からのコメント

2012/7/14 23:35:09

ありがとうございます(*^▽^*)

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる