転職は、自力とエージェント経由のどちらが採用されやすいでしょうか。

転職は、自力とエージェント経由のどちらが採用されやすいでしょうか。 以前エージェントを通じて転職活動を行ったことがあるため、メリット等は自分なりに理解はしています。 案件紹介は当然として、面接内容や企業の風土、求められる人材像を教えてくれるなど、有利な情報をたくさんいただくことが出来ますね。 しかし、エージェントを通じて採用に至った場合、採用企業側は採用者の年収に近いフィーを要求されると言います。 これより、ごく単純に考えれば同じ能力の人間を選考する場合、自力で転職に及んだ人間の方を採用したくなるものかと思うのです。 私自身が人事分野で働いたことが無く良く分からないのですが、採用時に「エージェント経由か否か」は合否に関係するのでしょうか? ご存知の方、ご教示お願い致します。

転職4,786閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">50

1人が共感しています

ベストアンサー

0

外資系ビジネスマンです。副業で転職エージェントをしています。 当該企業が自社でも採用活動をし、かつエージェントも利用している場合で回答します。 企業側の要望する経験値やスキルを満たしていれば、どちらからであろうと合否には関係ないです。 費用の事ですが、厳密にはエージェント利用の場合、候補者が採用された場合の年収を基準に20%~30%の手数料です。 年収1000万円で約2~300万円ですね。 企業側にすれば年収1000万円の労働市場価値がある人材を採用するのに、コストとして300万円が費用対効果に合うかどうか?だけの判断です。 大手上場企業や大手外資は人材を獲得する為にはエージェント利用するケースが多いです。(中小だと厳しいですね) エージェントだと一定基準で候補者をスクリーニング出来てますし、企業側の要望に近い候補者が応募します。 他方、自社HPやその他のチャネル(リクナビ等)だと、基準に満たない候補者も多く、そのチャネルからは該当者が見つからないケースが多いです。 例えば大手外資などはロバートウォルターズ、マイケル・ペイジ、JAC、ロバートハーフ、ヘイズコンサルティング等の大手外資系転職エージェントを利用します。 登録者のレベルがリクナビ等に登録しているビジネスマンとは少しレイヤーが違うからです。(案件がほとんど外資かビジネスレベルの語学力が必要な国内企業の案件ばかりで、それが無いと登録出来ませんので) 少し逸れますが、転職エージェントではなく応募者の経歴で不利になるような事はあります。 同じスキル・経験値・実績を持つAさん、Bさんがいたとして、Aさんは前職が一部上場企業、Bさんは前職が中小企業の場合、転職先が大手企業なら、間違いなくAさん有利です。 得に日本企業は同じような人を望みますから。

ThanksImg質問者からのお礼コメント

当方コンサルティング会社勤務なのですが、そう言えばマネジャークラス以上などが選考に臨む際、「エージェント経由か否か」で判断したという話しは聞きませんね。 でしたら、案件紹介を行っていただけるエージェントを使用しない理由は無さそうですね。 ところで、JACって外資でしたっけ?この会社、リーマンショックで新卒採用停止した・・・とかニュースになった際に、国内企業と見た気がするのですが。。。

お礼日時:2012/7/23 11:07

その他の回答(3件)

1

人事担当者です。人材紹介事業にも携わっていたこともありますし、人材紹介会社に登録もしたことがあります。 なかなか難しいところですが、一般応募にもメリットがあるということは申し上げておきます。 それは、やはりエージェントを利用した際の、紹介フィーです。他の方も回答しておりますが、仮に500万円の年収の方を採用した場合、約150万円の紹介フィーが発生します。 これを必要経費ととらえるか否かは募集人材の重要度によります。なかなか採用できないポジションの募集であれば、紹介フィーはおしくない、と考えるでしょう。 質問者様がおっしゃる通り、まったく同じ質の人材が、一般応募とエージェント経由できた場合、やはり紹介フィーがかからないルートから応募された方を採用するでしょう。 余談ですが、私はこのパターンでライバルに破れたことがあります(まあ、「質」そのものが劣っていたのかもしれませんが)。 紹介フィーを支払い、エージェント経由で採用した人材が「当たり」とも限らないのです。 参考までに、他の私の回答もつけておきます。 http://m.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/q1180375686 参考になれば、幸いです。

1人がナイス!しています

0

採用されやすさは、変わりません。その個人の実力次第です。 ハローワークなど雇用の受け皿となるような、誰でもよいような 募集ではなく、それなりのスキルを求めるような求人をしている 企業なら、情報誌や求人サイトへの掲載など、どんなルートで あっても採用コストがかかっているのです。 大手企業の採用コストは、一人あたり100万円から150万円です。 ですので、人材紹介会社に年収の30%を支払うのにさして抵抗は ありません。それでも良い人材が欲しいのです。100万円をケチって 使えない人材を雇っても本末転倒なだけなことを企業はよく知っています。 ただ、行きたいと思える企業があったら、企業のホームページなどから、 直接、ご自身でアプローチすることをお勧めします。 その、行動力や積極性、熱意を高く買われて、採用される可能性が 高くなることも多いですし、直接アプローチは、採用コストがあまり掛からず、 企業側もラッキーだと思います。 (それによって、採用のハードルは下がりませんが・・・) がんばってください。

0

企業によっては、即戦力を求める場合もあります。 即戦力になる人材を採用できた場合、新入社員教育に多額の 費用をかけなくても済みます。 社員を採用後、教育している間に利益獲得のチャンスロスに なってしまうのは多々あります。 だから高額料金を支払ってエージェント経由で社員を採用する 企業は多いものです。 逆に、能力の無い人、例えば課長で退職するも貿易実務をこなせる 英会話能力が無い、不特定多数のメーカーを相手にしたバイイング 能力が無いなどはエージェントは受け入れたがりません。 それでも登録は可能ですが、魅力無しの企業への紹介となってしまいます、 結局、エージェント経由のほうが合格確率が高まります。 ちなみに私は係長と課長の間の地位で退職しました。 つまり、課長として業務をこなすも課長昇進の試験にいつまでたっても 不合格(頭が悪いからね)なので給料は係長のままだったということです。 そういう私ですが、年収一千万以上の転職をうたうエージェントに登録 しましたが。エージェントによる面接後に登録は断られました。 TOEIC点数が基準以下という理由です。 ま、頑張って下さい。