ここから本文です

CrystalDiskInfoでHDDをスキャンしたところ、「代替処理保留中のセクタ数」と「回...

un2********さん

2012/7/2018:07:19

CrystalDiskInfoでHDDをスキャンしたところ、「代替処理保留中のセクタ数」と「回復不可能セクタ数」に異常がありました。

932 GB ARRAY1 (RAID) を使っています

DELLで買ったPCなのでDELLのスキャンツールでスキャンすると、異常が見つかりませんでした。スキャン内容にはディスク表面のチェックもあったのでディスク本体の問題では無いのかなと思いました。

異常が検出されないので交換も出来ず、どうすればいいか分からないので質問させて戴きました。

普通に使っていてもこの症状は検出されるのでしょうか?

932 GB ARRAY1,CrystalDiskInfo,スキャン,ディスク,DELL,S.M.A.R.T,回復不可能セクタ数

閲覧数:
2,183
回答数:
1
お礼:
250枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

sug********さん

編集あり2012/7/2600:21:42

教科書的な見方としては現在値または最悪値がしきい値を下回っている場合が不良。殆どのS.M.A.R.T.チェッカーはこの基準で判定している。
が、それでは手遅れになる場合もあるので、CrystalDiskInfoでは代替処理保留中のセクタ数・回復不可能セクタ数(生の値)などいくつかの値がゼロでない場合は警告を表示するなど独自の解釈を行っている。独自の解釈を小さな親切ととらえるか大きなお世話とみるかは運用する人次第。

一般的には今時のHDDでは代替処理保留中のセクタ数・回復不可能セクタ数はゼロから増加することは稀なので要注意と判定。これらの増加が止まらないのであれば不良と判定。CrystalDiskInfoなら自動的に採取した過去履歴をもとにグラフが描けるので判定しやすい。

ちなみにS.M.A.R.T.では検出できない故障もあるのであくまでも目安。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる