ここから本文です

東京裁判のA級戦犯には、戦後、日本のフィクサーとか妖怪と呼ばれた,児玉誉士夫、...

トタン屋根さん

2006/8/2505:34:20

東京裁判のA級戦犯には、戦後、日本のフィクサーとか妖怪と呼ばれた,児玉誉士夫、笹川良一、岸信介等が含まれます。
これ等の人物の判決結果について余り耳にしませんし、短期間で元の地位(より箔が付いて)に戻れたのは何故なのでしょうか。

閲覧数:
1,374
回答数:
3

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

sai********さん

2006/8/2508:16:56

彼らは起訴されてないので判決もありません。
冷戦の激化に伴い、アメリカが対日政策を大きく転換し、戦後の日本を「共産主義に対する防波堤」と位置づけ、旧体制側の人物を復権させたため、戦犯不起訴となり、東条ら7名の処刑の翌日に釈放されました。

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

fyh********さん

2006/8/2507:46:03

君は敵国の不当な見せしめ裁判の判決がそんなにありがたいのかね。どこで生まれたニホンジンだね。まさか支那じゃないだろうな。

2006/8/2507:31:47

講和成立で、判決の、拘束力が なくなったせいです。・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・!!

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる