ここから本文です

酒酔い運転で追突子供3人を水死させた男には怒りを禁じ得ません。 酒酔い運転では...

プロフィール画像

カテゴリマスター

kau********さん

2006/8/2622:48:18

酒酔い運転で追突子供3人を水死させた男には怒りを禁じ得ません。
酒酔い運転では保険が下りないでしょうね。
彼は一生償いだけの生活になってしまうのでしょうか?

閲覧数:
783
回答数:
5

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

roi********さん

編集あり2006/8/2717:10:37

今の賠償責任保険は被害者保護の役割も期待されており、運転者が酒酔いでも保険はちゃんと下り、保険会社と被害者との間に示談が成立すれば、保険金は被害者に直接支払われます。

ただ、酒酔いの場合、保険金を支払った保険会社が運転者に対し求償権を取得し、これを請求することができる可能性があります。
(一般の事故だと、そういうことはないのですが)

ですから、例の彼は保険会社に対し一生償うことになるのでしょうが、保険会社にすれば仮にも契約者ですから、さほど厳しい取立てはしないものと思います。

いずれにせよ、この不幸な事故を機に、酒酔い運転はしてはならないという意識がより一層社会に浸透することと、運転代行業を使うことがもっと一般化することが望まれます。

ついでに、悲劇的エピソードを並べ連ねてセンセーショナルに報道するマスコミの姿勢には嫌悪感を感じます。
被害者・遺族を食い物に数字を稼ぐ姿勢がミエミエです。
故意犯・確信犯なだけ、例の彼よりもしかしたら罪は重いかもしれない。

質問した人からのコメント

2006/8/30 08:23:50

ありがとうございました。
保険が下りるとは初耳でした。

ベストアンサー以外の回答

1〜4件/4件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

gur********さん

編集あり2006/8/2804:38:58

飲酒運転でも任意保険は出ます。自分のため(車両保険)などは出ませんが、相手に対する賠償保険は出ます。その昔は出ませんでしたが、被害者の救済のため改正されています。
具体的には「搭乗者傷害保険、自損事故保険、車両保険など、運転者側を補償する保険」は使えませんが
被害者に対しての「対人賠償保険と対物賠償保険の2つ」は使うことが出来ます。
また彼の罪は業務上過失致死ですので十数年で刑務所を出てきます、
一生償いだけの生活になってしまう事は現在の法律ではありません。

jfj********さん

2006/8/2706:09:36

酒酔いでも被害者への対人賠償保険金は支払われますよ。

zak********さん

2006/8/2623:01:00

もちろんそうでしょう。3人死亡、2人重傷ですから、億単位の賠償金が彼を待っています。

yon********さん

2006/8/2622:58:11

そうなったとしても、自業自得という言葉以外思いつきません。

3人ものお子さんを目の前で亡くされたご両親は、一生癒える事の無い深い悲しみを

背負われたのですから、あの男達(同乗者もです)には、一生自分たちの仕出かした罪の重さを

かみしめて欲しいと思います。

簡単に許してはいけない・・・。絶対に許される事ではないです。

目も耳もあるんだから、この情報社会の中で飲酒運転が引き起こす惨事を知らなかったはずがありません。

一生反省して欲しいです。

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる