ここから本文です

電子工学の論理回路の実験の考察について トグル・スイッチの出力テストを 電子工...

fut********さん

2012/7/3020:13:24

電子工学の論理回路の実験の考察について

トグル・スイッチの出力テストを
電子工学の実験で行ったのですが
考察(この実験から分かったこと)に
何を書けば良いか戸惑っております。
ちなみに実験方法と
その回路の写真を添付しておきます。



実験方法

1.写メのようにディジタルテスタをディジタル基礎回路実習パネルに接続する

2.トグルスイッチを下側に倒したときの出力電圧を記録する。

(その結果は
トグルスイッチの状態が
上側(Hレベル時)が4.923V
下側(Lレベル時)が0.005V

でした。)

3.次に上側に倒したときの出力電圧を記録する。

以上です。

長々と失礼しました。

トグルスイッチ,出力電圧,ディジタルテスタ,電子工学,上側,デジタルマルチメータ,論理回路

閲覧数:
1,622
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

san********さん

2012/8/412:02:44

論理回路はアナログ回路の延長線にあるとするそんな実験ではないかと。
実験結果は起きた事を正確に書く必要がありますが、
考察は何を書いても構わないと思いますよ。
実験を通して感じた事を何でも書けばよいと思います。
それでは評価されないですか?上等じゃん?w くらいに思ってください^^

デジタルマルチメーターの中身はアナログ部分とデジタル部分が混在しています。またテスターの内部抵抗が非常に高いためトグルスイッチを下側に倒しても完全にはゼロにはなりません。だから0.005Vを示したのでしょう。

トグルスイッチを上側に倒した時に5Vではなく4.923Vが表示されたのは実習で使った機材(電源装置)の誤差によるものでしょう。あるいはデジタルマルチメーターの誤差も含まれていたかも知れません。

細かい数値は割愛しますが論理回路ではHiかLoの2つの状態が判別出来れば良いので電圧に誤差があっても処理には影響しません。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

「論理回路 考察」の検索結果

検索結果をもっと見る

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる