ここから本文です

ちょっと思ったんだけど、オシムは運動量の多い選手を優先して召集してるけど、 ...

man********さん

2006/9/121:08:11

ちょっと思ったんだけど、オシムは運動量の多い選手を優先して召集してるけど、
技術のある選手を集めて運動量を求めるよう意識改革する方がいいのではと思いませんか?
とても技術的に代表レベルとは思えない選手が数人いますが、強豪国相手では何もできない気がします。
そりゃアジアレベルなら通用すると思いますが、、、。
バルサの選手は良く動きますが、まず技術があることが前提に成り立ったサッカーです。
ま~バルサと比べてはどこも劣るのですが、選出の基準に疑問を感じます。(巻、羽生、佐藤勇・・・)

閲覧数:
858
回答数:
6

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

pla********さん

編集あり2006/9/218:09:19

私もたまたま、今回の召集メンバーを見て同じことを考えてました。

羽生や山瀬が、今から小野と同等のテクニックを身に付ける。
小野が今から、羽生や山瀬と同等のスタミナ・守備意識を身に付ける。

後者のほうがよほど現実的で効率的なんじゃないの? と・・・(笑)。



『技術レベルは高いがあまり走らないチーム』
『技術はそれほどではないが運動量豊富で質の高い動きをするチーム』

どちらかを選べと言われたら私も後者を選びますが、理想はやっぱり『技術レベルも高いし運動量豊富で質の高い動きをするチーム』じゃないですか。日本人の中で上手い選手を集めても世界から見ればたかが知れている・・・のと同様、日本人がいくら走っても相手だって一生懸命走りますし、運動量で世界の強豪を圧倒できるとも思えません。技術力か運動量かという二者択一ではなく、技術も運動量も動きの質も組織力も、全てに最高のものを結集してようやくヨーロッパや南米の強国ともいい勝負ができるかもしれない・・・というのが日本の立場ですよね。

そう考えたとき、先に書いたようにスタミナや動き方を身に付けるより技術を身に付けるほうがずっと難しいと私は思っていますので、まずは個々の能力に優れた選手を集めてオシムの考えるサッカーを徹底的にやらせてみる、妥協せず厳しい要求をして、それが実践できない選手は入れ替えていく・・・そういうやり方のほうがより高いところに到達できる気がするんですが。

もちろん、今のメンバーがオシムの言う通り『賢く走る』ことで世界を相手に互角に戦えるなら万々歳で、何も言うことはないのですが。でも今回の顔ぶれを見ると『ん~これが日本を代表するトップチームか・・・』という思いも正直ありますね(笑)。

まあ新生日本代表はまだスタートしたばかりですし、オシムさんも色々考えているでしょうから、楽しみに見守りたいと思いますが。

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/5件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

sti********さん

2006/9/213:43:40

「技術がある」選手は、得てしてボールをキープし過ぎることがあります。というか、日本代表では“多々”あります。
それは、オシムの指向するサッカーにはそぐわないものです。

選手もボールも「走る」サッカーでは瞬時の判断と素早いプレーが求められますから、よりそれに適応できる選手を使うのは当然のことではないでしょうか。
オシムサッカーで本当に求められているのは、恐らく「素早く的確な判断力」。それは、走り回るスピーディーなサッカーの出来る選手の中にしか、育たないものだと思いますよ。

acc********さん

2006/9/200:49:33

ジーコ時代に選ばれていた選手達は技術を持った選手が多くいましたが、
その代表が通用するのもアジアレベルまでで世界レベルでは相手になりませんでした。

結局日本人の技術なんてそんなもん。いくら個人技がうまくてもそれだけじゃ通用しない。
それならオシムの言う「日本らしいサッカー」を目指すのが世界への近道なのです。
技術がない、フィジカルで劣る、というのを前提にチームを作ろうとしています。
その中に中途半端に技術があって尚且つ自分じゃテクニシャンだと思っているような選手はジーコには重宝されたけど、オシムのサッカーには不要になります。
オシムはあのロナウジーニョですら「自らボールを持ちすぎて、どれだけ他の選手に迷惑をかけているか」と苦言するような人ですから。

sei********さん

編集あり2006/9/123:20:20

逆に、召集しない事で技術のある選手に自分のサッカーに合わせるよう意識改革を求めている選考とも取れます。
技術は何をするにも大切な事ですし、元から売りが違う巻らに教えるにしても限界があります。
その事は当然オシムも織り込み済みでしょう。

アバター

ID非公開さん

編集あり2006/9/121:19:53

>技術のある選手を集めて運動量を求めるよう意識改革する方がいい

召集されている選手が世代交代しているのがわかるでしょ?
彼らはまだ若い。とりあえず基礎となる体力があって、走り回ることが出来れば、技術は後からその体力を基にいくらでも教え込める。技術の完成には時間が必要です。熟成し完成し技術がある選手ということはある程度年齢を経ている選手になりますが、そのような選手に今さらプレースタイルを変えろというよりはオシムのやり方のほうが理にかなっているとは思いませんか?

tat********さん

編集あり2006/9/121:31:17

また三試合目。長い目で見ていこう。脱海外組と言うわけではなくまずは使える国内組を探し出して選手層を厚くして全体の底上げを先にやって連携力の向上を図る最中だからまだオシム構想が全部見えてこないと思います。
松井大輔や俊輔、稲本の入る余地は十分にある。
技術のある選手を集めて運動量を求めるよう意識改革する方がいいのではと確かにそう思いますけどそれではJリーグや日本のサッカー全体を強化することはできない。代表は日本のサッカーの縮図なのだから。もっと俊輔、中田越えるやつがどんどん出ないとサッカーの質がよくならないという考えの元に成り立っている。プレスの激しいJリーグに今後変化していけば、自然とわずかなスペースをパスワークですばやく崩すとか考える選手がどんどん出てきてその中で素晴らしい世界レベルの華麗なパス回しというものがうまれてくるんじゃない。俺の持論ではWカップのスペインのスーパープレーの華麗なパスワークからの得点やアルゼンチンのようなことをできなくては日本が強くなることはないと思う。

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる