ここから本文です

美智子皇后の着物についてお尋ねします。

jik********さん

2012/8/1513:07:58

美智子皇后の着物についてお尋ねします。

先ほどのニュースで戦没者追悼式の様子がTV放映されておりました。

天皇陛下とともに皇后も戦没者を追悼されておりました。
天皇はモーニング姿(だと理解しております)でありました。

皇后は着物でありました。
オリーブ色というのか黄橡(きつるばみ)とでもいう無地の色のお召し物、五つ紋。帯は黒。

この装いは無論正式な衣装かと思いますが、追悼式のような式典以外でもお召しになっているのでしょうか?
その式典の性格によって、着物の色合いを変える、帯の色を変える、織り柄のものを用いられるとは考えるのですが、具体的に教えていただけませんでしょうか。

どうかよろしくお願いいたします。

補足正午の式典のため、画像を探しましたがまだ投稿されておりませんでした。
今は収録されております。
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20120815-OYT1T00560.htm

昨年は洋装でした。
私は陛下の帽子が残念ながら、いつも気に入りません。
和装では、さすが国母というに相応しい雰囲気を漂わせていらっしゃいます。

閲覧数:
8,940
回答数:
4

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

fuc********さん

2012/8/1518:20:08

私はお昼にNHKでおそらく生中継されたものを見ました。
私も皇后様の和装に驚きました。
和装を取り入れていきたいとのお考えがおありなのか、またはお年を重ねられたことにより、和装を好まれるようになられたのか、などと思いながら拝見しました。
私は三つ紋に見えたのですが、五つ紋でしたか?
私の見間違いかもしれません。
私は前からのお姿では、紋(抱き紋)には気づかず、後ろ姿で外袖紋に気づきましたので、三つ紋かと思いました。
紋の数など、正確にお知りになりたければ、ニュースを注意してご覧になればと思います。

民間の人間は、色喪服として、色無地に黒供帯を合わせるときは、一つ紋にする事が多いです。
三つ紋、五つ紋の色無地を持っている人、着る人は少ないです。

今年の東日本大震災の追悼式でも、皇后は、五つ紋の喪服でしたね。

回答になっていないかもしれませんが、この辺で。

質問した人からのコメント

2012/8/17 00:23:30

四名の皆さま、ご教示ありがとうございました。

和装、しきたり等不案内なもので、てっきり抱紋がつけられているものと早とちりしてしまいました。
http://www.youtube.com/watch?v=5XfpFzjNDo4

不細工な質問になってしまいましたが、皆さまのご丁寧な回答に感謝いたしております。

正装は洋装である、髪飾りである、おしゃれでいらっしゃる。それぞれあり難く拝聴いたしました。

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

プロフィール画像

カテゴリマスター

yos********さん

2012/8/1602:32:24

紋付きの色無地に黒の帯でしたら、一般にも法事に着る和装です。
五つ紋でしたら、最上ではないでしょうか。

お祝の式典でも、帯は黒にはしませんが、普通の人なら紋付き色無地で構いません。
が、皇后陛下の場合、おそらく色留袖か訪問着をお召しになっていたように思います。ですので、色無地をお召しになるのは、やはり何かの追悼式などの場合だと思います。

皇室の正装は、明治に改められて以来、洋装です。
ですので、公的な場には基本的には洋装ですので、和装にされる行事は決まっているのではないかと思います。
情報番組か何かで、東日本大震災の追悼式のとき、天皇陛下が退院間もないことから、皇后陛下には足元がしっかりしている和装にされるように進言があったという話があったように思います。洋装でしたら、ハイヒールの靴になりますから。

ms_********さん

2012/8/1518:37:29

>この装いは無論正式な衣装かと思いますが、追悼式のような式典以外でもお召しになっているのでしょうか?

五つ紋ですから、黒留袖や普通の喪服はお召しにならない皇室における正式な喪服という位置づけになると考えられます。( ちなみに女性の学者が天皇陛下に御進講する際には、ドレスコードとして色留袖が指定されます。)

そういう意味からすると、皇后陛下が再度この御召物を着る機会として考えられるのはこの式典の他、多くの国民が犠牲となったサイパン、硫黄島、沖縄県の戦没者慰霊祭、広島や長崎の原爆慰霊祭等が考えられます。

皇室にキモノ文化を持ち込んだのが皇后陛下です。それまでの皇后は香淳皇后をはじめとして式服としての十二単は着用しても普段の式典等への出席時にはローブデコルテや式典の格に応じた洋装でした。

そういう意味で、皇后陛下はミンクのショールや訪問着やつけ下げといった礼装着物を世に広めたファッションリーダーといえるかもしれません。


>私は陛下の帽子が残念ながら、いつも気に入りません。

あれは帽子ではなく、植田いつ子がデザインしている皇后陛下のドレスとコーディネートされた髪飾りです。ですからよく見るとお召しになっているドレスとセットになっているのが分かります。

mas********さん

2012/8/1513:45:03

実際にその映像はみていませんが、紋入りの色無地に黒の帯なら法事に着ていける服装ですから、戦没者追悼式典に五つ紋の色無地に黒の帯、ふさわしいと思います。
お祝い等の式典の時は明るい色の訪問着をお召しになったり、美智子様はいつもお洒落でいらっしゃいますよね。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる