ここから本文です

お盆のお供え物「水の子」について、その由来を知りたいのですが…。

aar********さん

2012/8/1514:34:42

お盆のお供え物「水の子」について、その由来を知りたいのですが…。

我が家では今年、新盆を迎えるにあたり、盆棚へのお供え物について同じお寺の檀家である知人に詳しく教えていただきました。頂いた書き付けの中に盆棚へのお供え物ではないのですが、14日にお墓に「ナス・キュウリを賽の目に刻んだものと米を混ぜて里芋の葉に載せてお供えする」ということが書いてありました。本来は蓮の葉に載せるらしいのですが、私の地方では蓮を栽培しているところが少ないので、里芋の葉で代用するとのことでした。
ネットでいろいろ調べてみると、盆棚に同様の物をお供えする地方もあるようです。調べていてこのお供え物の名前が「水の子」ということ、餓鬼道に落ちた無縁仏のためにお供えするということも知りました。そうなると、13日に霊をお迎えして無人(無霊?)となったお墓にお供えする意味も納得がいきます。
詳しい方がいらっしゃいましたら、「水の子」について名前の由来とナス・キュウリ・米を使う理由も含めて詳細についてご教示下さい。よろしくお願いします。

閲覧数:
41,606
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

buz********さん

2012/8/1615:41:38

こちらの地域(関東)では盆棚にお盆の期間お供えします。おまいりの際、別の器に水を入れたものを用意し、みそはぎを束ねたものの先を付け、しずくを水の子はじめお供えにふりかけます。
なす、きゅうりは夏野菜の代表です、それと洗米を交ぜて供えますが、細かくするのは餓鬼の喉は針のように細いので食べやすいように、みそはぎで水を注ぐのは、餓鬼は食べ物を口に運ぼうとすると、火になってしまい食べられないと経典にあります。その火を消すため水を振りかけるので水の子といわれるのではないでしょうか。
当地では蓮の葉は花屋でもとめられ、本来お盆の供物はすべて蓮の葉を器にするものとされています。蓮の葉のみを小鉢に敷いて器とし、そこにもみそはぎのしずくを注いで閼伽水(あかすい、仏さまへお供えの水)とするしきたりも旧くはありました。

質問した人からのコメント

2012/8/19 16:34:24

笑う とても詳しいご回答、ありがとうございました。我が家の菩提寺の檀家ではほとんどの家が「水の子」をお供えしているようですが、その由来までは誰も知りませんでした。これで疑問に思っていたことがわかりました。ありがとうございました。

「水の子」の検索結果

検索結果をもっと見る

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる