ここから本文です

海水魚初心者です。カクレクマノミとスターポリプの飼育を始めたのですが、先輩方...

die********さん

2012/8/1905:01:08

海水魚初心者です。カクレクマノミとスターポリプの飼育を始めたのですが、先輩方のアドバイスお願いします。

現在、ウーパールーパー、ミドリフグを飼育していまして

数日前から、カクレクマノミ2匹(ペア)とスターポリプを飼育し始めました。

飼育環境は
水槽:600×300×360mm
フィルター:GEX メガパワー6090
底床:コーラルサンド
ヒーター:160w
人工海水:レッドシーソルト
照明:LED CLIP LIGHT 200lm 3.6w
とライブロックレプリカを入れています。

酸素補給の為、エアーストーンかパワーヘッドを導入して、照明を近日追加する予定です。

水槽が落ち着いたら、ライブロック、イソギンチャク、ホワイトソックスの導入を考えております。

現在の飼育環境は、どうなんでしょうか?

ライブロック、イソギンチャク、ホワイトソックスやおススメの生体などの、アドバイス宜しくお願いします。

後、サンゴ(ハードコーラル、ソフトコーラル)とイソギンチャクの違いが調べているんですが
いまいち解りません・・・宜しければ教えて頂きたいです。

閲覧数:
4,248
回答数:
3
お礼:
500枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

uvc********さん

2012/8/2201:30:52

うーん…diesel20012さんの現在の飼育環境は、いくつか気になるところがあります。


まず気になるのは、追加予定と仰られている、ライトです。

スターポリプを飼育するには、3WのLEDでは弱いです。

そして今後、比較的低光量でも飼育できるイソギンチャク(サンゴイソギン・タマイタダキイソギン)を追加することも考えると、14WのスポットLED…できれば14Wを二つとか、または24W一つとか…そのぐらいのライトを今から設置しておくと、スターポリプ飼育にもちょうどよく、そしていつでもイソギンチャクが入れられるようになります。

より高光量で調子の上がるハタゴイソギンチャクやシライトイソギンチャクを飼育される予定でしたら、24WのスポットLED二つぐらいあると安心です。


その、肝心のイソギンチャクの種類ですが、カクレクマノミが共生しやすく、移動もあまりしないハタゴイソギンチャクがお薦めです…が…ハタゴも、その他のイソギンチャクも、色々と一長一短ありますので、この回答のついででは語りきれず、できれば後日改めて別質問として投稿される方がいいと思います。


次に気になるのは、高水温対策です。
イソギンチャクやスターポリプなどのサンゴは一般的に、水温が30℃を越えるとストレスを受けます。
と言いますか、水質があまり良くない場合は、28〜29℃でもダメージを受ける時があります。

そこで、常にエアコンをかけて室内を28℃以下にしたり、水槽用のクーラーを設置したりする必要があります。

高山などの涼しい地域にお住まいでないかぎり、60cm水槽は、冷却ファンだけでは冷却能力に不安があります。
ただ、冷却ファンは部屋の湿度が低いとよく冷やせますので、エアコンをドライにして30℃にセットしておくと、ファンで3〜4℃ぐらい下げて水温を28℃前後にできると思います(水温は、ライトやポンプで温められて、室温より少し高くなります)。


酸素補給にエアーレーションするのは、良くないです。
万一イソギンチャクやサンゴの体内に泡が入ってしまうと、泡を吐き出すことはできませんので、そこから壊死してしまいます。

ついでに。

イソギンチャクやサンゴには、エラや肺はありません。
皮膚呼吸だけで生きています。
でも、飲み込んだ餌を消化する時は、たくさんの酸素が必要です。
水槽内の水の流れが弱いと、酸欠を起こして調子を崩す時があります(酸素が十分あっても、消化には体力を消耗しますので、やはり多少調子を崩す時はありますが…)。

そんなわけで、水槽内の水流は、イソギンチャクやサンゴにとって肺や心臓のようなものです。
そこで、コラリアナノ900や、ニューウェーブNWA1000、ピコエボマグなどの水流ポンプを一つ~二つ設置すると、多くのイソギンチャクやサンゴを元気に飼育できるようになります。
さらに、複数のコラリアをスマートウェーブで順番に動かしたり、ピコエボマグに回転式ディフレクターFLOを取り付けますと、水流が波のようにランダムになって、より良い感じになります。

このような水流を作りますと、酸素の豊富な水面近くの水と、酸素の少ない底付近の水が常に入れ替わるようになり、エアーレーションをしなくても、水槽全体の酸素量が増えます。


そして、ホワイトソックスですが、恥ずかしがり屋なエビです。
大きめのライブロックを組み合わせて、隠れられる物陰を作ってから購入してあげて下さい。

イソギンチャクが落ち着かない時に囲いを作ったりもできますので、ライブロックは予算の許す限り大きいものがいくつかあると便利です(大きいライブロックは高いです)。


最後に、ハードコーラル・ソフトコーラル・イソギンチャクの違いですが、骨があるのがハードコーラルです。
イソギンチャクとソフトコーラルには骨がなく、学術的な違いを考えなければ、見た目も飼育する上でも、あまり違いは感じません。
ディスクコーラルというサンゴはイソギンチャクモドキという和名なのですが、ヘアリーディスクというディスクコーラルは、ハタゴイソギンチャクの縮小版のように見えます。

ただ、ソフトコーラルの中でもツツウミヅタは、よりハードコーラルに近いです。
こう考えていくと、ハードコーラルとイソギンチャクの中間がソフトコーラル、と言うのが適当かもしれませんね。

そして、ハードコーラルの仲間のミドリイシは、飼育がとても難しいです。
ソフトコーラルの中でも、特にイソギンチャクに近いディスクコーラルは、たぶんイソギンチャクより飼育が簡単です。

※ここで言うサンゴは、熱帯の浅い海に住み、光合成する、好日性サンゴのことです。サンゴには、深い海に住むキサンゴやウミサボテンなどの陰日性サンゴもいまして、それらはミドリイシ以上に飼育が難しいです。
※ここで言うイソギンチャクは、クマノミが共生する比較的大きいイソギンチャクのことです。イソギンチャクにはカーリーという、水質悪化にも非常に強い、不死身のような種類もいます。

質問した人からのコメント

2012/8/22 23:42:23

降参 的確なアドバイスありがとうございました。
勉強になりました。飼育環境を改善して、落ち着いたら
ライブロックとイソギンチャクの飼育をしようと思います。
みなさん有難う御座いました♪

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

nic********さん

2012/8/1915:12:56

導入する順番としては、ライブロックが先ですよ^^;
水質を安定させるにはライブロックに付着している微生物が
環境を整えてくれるものです。
急に導入してしまうと、付着している微生物が環境に合わず
死んでしまうことが考えられますので、飾りとして入れるなら
飾りサンゴやレプリカのライブロック、石や岩等を模している
インテリアを入れた方がいいです。
どうしても本物が良い場合、一から立ち上げ直してあげる必
要があります。

イソギンチャクは初心者で選ぶ場合、サンゴイソギンチャクか、
タマイタダキイソギンチャクかですね。私も今、サンゴで挑戦
しています。
ただ、サンゴとタマイタは動きやすいということもあるそうなので
ハードコーラルやソフトコーラルが水槽に居る場合、接触を
避けなければなりません。
イソギンチャクじゃなくてもミズタマサンゴなどのようなサンゴに
カクレクマノミが戯れる場合もあり、サンゴの調子を悪くさせて
しまうこともありますが、イソギンチャクがなくても大丈夫です。


生体の導入に関しては結局、魚をメインにしたいのか、サンゴ
をメインにしたいのか、イメージにもよります。
最初はあれもこれもというよりサンゴメインならカクレとサンゴの
種類を数種類にして様子を見た方がいいでしょう。

現在の環境は、魚メインでいくなら大丈夫とはいえますが、サンゴや
イソギンチャクを育てたいなら照明がないと難しいといえます^^;


ハードコーラルとソフトコーラルの違いですが、
@ハードコーラル
→石灰質で基礎が固いです。珊瑚礁で見かける固そうな
もののほとんどがこちら。
@ソフトコーラル
→全体的に柔らかい印象のあるサンゴです。
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1436664649

tak********さん

2012/8/1912:05:49

スターポリプとイソギンチャクを一緒に入れてしまうとイソギンチャクがスターポリプに触れてしまってその毒でスターポリプがやられてしまうことがあるのであまりおすすめしません(>_<)

でもカクレクマノミはイソギンチャクがあるほうが安心して落ち着くので病気になりにくくなります。

それにやはりカクレクマノミを飼っているからにはイソギンチャクに入る姿もかわいいので見たいですよね(^^*)

なので、イソギンチャクがスターポリプに絶対に触れないようにライブロックを上手く組むか、隔離ボックスを買ってきてスターポリプを隔離してあげて下さい(*^^*)

魚はカクレクマノミのペアだけにしておいたほうが繁殖も狙えるのでいいかな、と思います(*^^*)

イソギンチャクとレッドソックスを同じ水槽で飼っていたらイソギンチャクがレッドソックスを食べてしまったことがありました。
それにイソギンチャクがあればカクレクマノミは白点病にはまずならないのでレッドソックスは必要ありませんよ(*^^*)

でも彩りがほしいのならイソギンチャクモエビをおすすめします。

海水飼育、手がかかりますけどそのぶん楽しいですから頑張って下さいね(*^^*)

あ、ちなみにライブロックは水のリットル数の10分の1以上は必ず入れて下さいね(*^^*)

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる