ここから本文です

日韓通貨スワップ協定は日本側にとってのメリットとデメリットを教えて下さい。

des********さん

2012/8/2222:06:03

日韓通貨スワップ協定は日本側にとってのメリットとデメリットを教えて下さい。

また韓国側にとってのメリットとデメリットを教えて下さい。

閲覧数:
395
回答数:
6

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

mic********さん

編集あり2012/8/2510:19:29

あなたの家では納豆に砂糖入れる家じゃない!

○ソした後で尻穴おっぴろげ素手で豪快に拭くとか!?

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/5件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

zuf********さん

2012/8/2223:51:36

宇宙の大きさについて言えば、まだ分かっていないことが多い。ただし(人類に分かっている範囲だけに限っても)宇宙はとてつもなく大きい。地球から理論上観測可能な領域(これを「観測可能な宇宙」と呼んでいる)が半径約460億光年の球状の範囲である(光年は距離の単位である)。(大きさが直接の観測によって正確に分かっているわけではない。)宇宙の大きさをそこに含まれるものとの比較によって感じてもらうために挙げると、典型的な銀河の直径でもわずか30,000光年にすぎない。隣どうしの銀河の間の典型的な距離はわずか300万光年にすぎない。例えば、我々人類が属している天の川銀河(銀河系。つまり地球から見て夜空に天の川として見えている銀河)はざっと100,000光年の直径であり、我々の銀河に最も近い銀河のアンドロメダ銀河は、おそよ250万光年離れている。「観測可能な宇宙」の範囲内に(範囲内だけでも)おそらく1000億個((1011個)の銀河が存在している。《地球上から見ることができる宇宙の大きさ》とは、我々人間が物理的に観測可能な宇宙の時空の最大範囲を指す表現である。宇宙は膨張し続けているため、宇宙の大きさを表現するにはいくつかの単位がある。(距離測度(en:distance measures (cosmology))も参照のこと) 「光を含む電磁波により人類が地球から観測可能な宇宙の果て」と言うと、我々が観測できる光のなかでも、最も古い時代に光が放たれた空間のことを指している。この空間から光が放たれたとき、つまり約137億年前(宇宙の晴れ上がり直後)、この空間(=観測可能な宇宙の果て)は地球がある位置から(地球を中心とする全方向に宇宙論的固有距離において)約4200万光年離れたところにあった。そして当時この空間は、地球の位置から、光の約60倍の速度で遠ざかっていた、とされる。この空間までの現在の距離である共動距離 (Comoving distance) は、約465億光年と推定されている。宇宙の晴れ上がりの直後から約137億年の間に、宇宙は約1100倍程度に膨張したと考えられている。この空間は現在、光速の約3.5倍の速度で地球から遠ざかっており、かつ宇宙が生まれてから現在に至るまで(その膨張速度は)常に超光速を保っている。つまり現在我々が電磁波によって観測できる天体の中には、その天体が生まれてから現在に至るまで常に超光速の後退速度となるものが存在する。「天体から放たれた光が地球にたどり着くまでの時間に光速をかけたもの」は《光行距離》 (Light travel distance) と呼ばれている。これは光が地球に届くまでの間に、光の旅した道のりを表す。光行距離では、電磁波により観測される宇宙の果てから地球までの光の旅した道のりは約137億光年と推定されている。これは光速に宇宙の年齢をかけたものだが、この値は先に述べた2つの距離(465億光年、4200万光年)と値が異なっている。なぜならば、光が地球に届く間に宇宙が膨張し、そのため光の道のりが延び、また光を放った空間が遠ざかるからである。つまり光行距離はある時刻における空間上の2点間の距離を指し示すものではない。天文学では光行距離を天体までの距離とみなすことが多いが、それは現在の天体までの距離や、天体が光を放ったときの天体までの距離を示すものではない。それはあくまで、我々に届く光が旅した道のりである。まとめると、現在我々が観測することができる最も古い時代に放たれた光は、約137億年前に約4200万光年離れた空間から放たれた光である。そしてその(光源がある)空間は、現在465億光年かなたにあり、光は137億年かけて137億光年の道のりを旅してきた、ということである。わずか4200万光年の距離を光が進むのに137億年もの時間を費やしたのは宇宙の膨張が地球への接近を阻んだためである。(これは、流れの速い川を上流へ向かう船がなかなか前に進めないことと似ている。宇宙空間の膨張は一般相対性理論より導かれる。よって電磁波の媒質である空間の膨張により地球を基点としたときの、地球から離れた場所にある光の速度が変化しても特殊相対性理論における「光速度不変の法則」とは矛盾しない。)我々の観測可能な領域を超える宇宙は、共動距離的な意味の場合、インフレーション理論に基づき、より広大であろうと予想されているが、いまだその大きさが有限なのか無限なのかすらわかっていない。宇宙の大きさは、誕生から現在までの膨張速度にもよるが、レオナルド・サスキンドはインフレーション直後の宇宙の大きさは有限ながらも、光年という非常に大きな値を解の1つに得ている。宇宙の大きさが有限の場合、空間は閉じており、直進すれば宇宙を1周することになる。無限であるとす

ofy********さん

2012/8/2222:53:36

そもそもスワップ自体、相互の経済格差が大きければ大した意味を成しません。
片方にリスクの比重が大きく傾きますので。

つまり日本にはデメリットしかなく、韓国にはメリットしかありません。

run********さん

2012/8/2222:40:48


金を出したら、韓国が倒産する時のダメージは大きくなるよ?
韓国と国交断絶し、無関係になるのが、それに対する一番の対策ですよ?

the********さん

2012/8/2222:26:44

日本のメリット…韓国経済が危なくなった時(=日本にも直接大きなダメージがくるのと世界恐慌の引き金を引きそうになる時)に積極的に援助できる。
日本のデメリット…貸し倒れの危険が高い。
韓国のメリット…危機時期に、IMFの介入をある程度軽減できる。
韓国のデメリット…見当たらない。

不適切な内容が含まれている可能性があるため、非表示になっています。

投稿内容に関する注意

asa********さん

2012/8/2222:26:06

メリットなどある訳ないだろう‼日本政府は年寄りの国債買い取りで国の歳出を工面しているが、国自身、民主党がええ格好しぃーで騙し、詐欺師集団を遺憾なく発揮している。まるで朝鮮土民そっくりですね‼ 厚顔無恥、責任放棄、言い訳に終始する。誰も作業着を着て、誰も現地に行かない。作業着はパフォーマンスか 民主党の本質が垣間見られた。騙し政党は金を掠め取る事ばかりで売国奴ね盗っ人集団で有権者のちからでこの世から消し去ろう‼

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる