ここから本文です

賃貸物件の仲介業者(不動産屋・60代半ば男性)の脅迫めいた暴言に、憤りと不安...

adj********さん

2012/8/2901:28:12

賃貸物件の仲介業者(不動産屋・60代半ば男性)の脅迫めいた暴言に、憤りと不安な毎日を送っています。助けてください。

築30年ほどの古家に問題の不動産屋の仲介で4年住み、今月引越しました。この業者は 以前住んでいた借家の仲介もしており、延べ5年半ほどのつきあいです(当然の報酬ですが、2軒分の仲介手数料を私から得ているわけです)。
{業者とお客}という関係のはずですが、高飛車で高慢な応対は当初からあり、修理・補修の連絡をするのが憂鬱になるほどで、1年ほど前にトイレの水漏れ連絡をする際、娘(25歳)に電話をかけさせたところ「電話のかけかたが悪い」といって一方的に電話をきられ、その後、その真偽を確かめた私に「娘に言葉の使い方を教えてやった」と 悪びれもせず開き直ったため、さすがに我慢できず、大家さんに連絡しました(大家さんとは私の仕事の関係で個人的に面識がありましたので)。
その後は、大家さん(教員を早期リタイアし、その退職金で古家2軒購入。賃貸業はド素人で、業者に丸投げ)が、「不動産屋抜きで私に何でも言ってね」と言ってくれたので、その言葉のとおり不動産屋抜きで憂鬱な気分に陥ることなく退去に至りました。
ですから今回物件空け渡し後の室内チェック時が、この不動産屋との久しぶりの対面だったのですが、まともな挨拶もなく、入居時も更新時も既存の損傷チェックをしなかったのに、大家さん立会いは別として、クリーニング業者まで連れ、チェックボードを片手に既存の損傷までカウントし始めました。そこで私は、事前に用意していた国土交通省のガイドラインを手に自然損耗や経年劣化について主張したところ、烈火のごとく怒りだし「こういう人は、一度きっちり潰してやらないといけませんよ」と大家さんにいうも、不動産屋の暴言を制止もせず頷きながらボンヤリ聞いている始末。その後不動産屋の「私を甘くみない方がいいですよ」など、暴言が脅迫めいてきても大家さんは相変わらずボンヤリ。。さらに「不動産屋抜きで何でも言ってね!」と、大家さんが言ったにもかかわらず「わざと大家さんを介入させて、スムーズにいかないよう謀った」と不動産屋が言い出すも大家さんはダンマリ・・。どうやって「潰す」のか分かりませんが、暴力なら警察に駆け込めますが、長年の賃貸業から培った悪知恵を駆使され、陰湿な請求をされたら何処に相談したら良いのでしょうか?・・そもそも業者に何故、ここまで言われなければいけないのか、、女所帯なうえ幼児も抱えているので不安な日々を過ごしています。

閲覧数:
586
回答数:
5
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

aki********さん

2012/8/2907:56:39

このやりとりだけでは脅迫罪なんて全然成立してませんね。
あまり変な回答に煽られないようにしてください。

>国土交通省のガイドラインを手に自然損耗や経年劣化について主張したところ、烈火のごとく怒りだし
ここ知恵袋の常連回答者の中にはやたらに『ガイドライン』を強調する人が多いですが、結局は基準というか指針ですので法的な効果はないのです。※東京とは条例なので有り
おそらく質問者さんは、知恵袋で得た知識に基づきガイドラインを持参したと思いますが、結果は散々になっただけですよね。

>何処に相談したら良いのでしょうか?
知恵袋ではないことは確かです。
陰湿な請求をされたら払わなければいいだけですよ。
それで裁判になったら弁護士に相談です。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜4件/4件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

dam********さん

編集あり2012/8/2917:05:09

まったく不安など感じる必要はないです。
まだ不当な請求もされていないのですから。
引き渡し時に論争しても、相手はプロですから
恐れ入りましたなどと言うわけがないのです。
しかし、充分な効果はありました。
相当な内容になっていると思いますよ。
その業者がバカでない限り、訴訟になれば
まけること。所属団体に苦情申し入れられれば
恥ずかしいこと。監督官庁に訴えられれば
注意を受けることなど。十分しっています。
大家の態度は許してください。間に入るほど
知識もないのですから。しかし、十分、
非常識な不動産会社だとは思ったでしょう。
どのような請求でも、あなたはガイドラインを参考に
負担してもよいと思う額だけ支払えばよいです。
あとは、訴えてもらえばよいのです。
訴えるのは不動産会社ではなく大家です。
修繕費用を請求するのは不動産会社でなく
大家です。不動産会社には訴訟の当事者能力はないです。
訪問やしつこい電話などあれば、監督官庁に訴えましょう。

ガイドラインを持ち出すな、みたいな意見がありますが、
強制力はないですが、国が定める一定の基準です。
貸主側の不当な請求に対抗するのは、ガイドラインです。
ガイドラインを検索すると、最後の方にたくさんの
判例が出ています。判例もガイドラインに沿って判決していることが
わかります。悪質不動産会社と交渉する必要など
ないのです。これ以上払わない。不満なら訴えてくださいでよいのです。

??-さん

2012/8/2907:03:15

入居期間中なら大家も人の子ですが退去となれば話は別です。
退去時の業者とクリーニング屋との4者関係は全て大家の手配で業者の言葉は大家の言葉で ボンヤリ というのは認識間違いで 知らん顔 が正解です。
国交省のガイドラインは一定の基準であり大家は遵守義務はありませんし諸費用の請求権はありますし退去者は絶対に従う義務もありません。

2012/8/2906:36:23

具体的な実害、請求等があったら迷わず警察に連絡してください。既に脅迫罪が成立しています。こういう手合いはそれこそ痛い目に合わせなければなりません。団塊の世代63以上の人間に特にこのような不届きな人間が多く観られます。勇気を持って立ち向かいましょう。人目を気にせずギャーギャー騒ぐだけでも効果があります。貴殿はその外道の言動によって実際に畏怖心を抱いた訳ですから立派に犯罪が成立します。がんばって。

chi********さん

2012/8/2901:56:21

まずは暴言や脅迫みたいな文言の証拠を集めておく必要があるでしょう。電話や会話の録音全てをとっておきましょう。
そして消費者センター等に相談するのがいいかと思います。

どちらにしてもその不動産会社とはもう付き合うのではなく他の不動産会社で賃貸探しをされてみてはいかがでしょうか?

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる