ここから本文です

インクジェット複合機CanonPIXUSMP950 の発売開始日を教えていただけな...

ルルド・スターリングさん

2012/9/322:47:18

インクジェット複合機CanonPIXUSMP950 の発売開始日を教えていただけないでしょうか?

修理が必要なコンディションになってしまいCanonの修理受付コールセンターへ連絡すると「修理を受け付けていない」と言われたのです。私の記憶では、購入してそれ程時間が経っていないような気がして納得できないのです。発売開始直後に購入致しました。
本件質問は、何とか修理したいという事では無く好奇心からの質問で求めている回答は1.2.のどちらかです。
1.CanonPIXUSMP950 の発売開始日を知りたい。
2.Canonインクジェット複合機は、発売開始後何年で修理不可になるのか目安になる情報が欲しいのです。

上記1.か2.をご回答なさって下さった方をBAへ推挙致します。
私的好奇心を満たす質問で恐縮なのですが
回答よろしくお願い致します。

閲覧数:
695
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

a12********さん

2012/9/323:13:30

プリンタの修理屋です。

キヤノンの場合はHPで確認できます。

発表は2005年9月27日
発売は2005年10月5日
http://cweb.canon.jp/pls/webcc/WC_SHOW_CONTENTS.EdtDsp?i_cd_pr_catg...


修理サポートの終了は、生産打ち切りから5年です。
http://cweb.canon.jp/pixus/lineup/allinone/mg8230/index.html

各々の商品ページの下のほうに記載されています。

なお、一覧は以下のページで。
http://cweb.canon.jp/e-support/repair/period.html

エプソンでも同様です。



従来は、生産終了後7年という基準があったのですけど、2004年モデルから5年に短縮されました。
元々これは行政指導のような感じで強い強制力はなかったはずです。
プリンタのコスト下落がはっきりしてきて、大量の補修部品を在庫する余力がなくなってきたという事で、国のほうも指導を緩めたのではないかと思います。

もし、短縮化がなかったとしても、あきらめてもらわなければならなかったでしょう。


ただ、短縮化が決まった後で、予想外の出来事がありました。「リーマン・ショック」です。
これで、世界中の企業の業績が悪化し、生き残るためのコストダウン(経費削減)を進めました。

補修部品もその対象となり、昔は部品保有期限が終了しても、倉庫に部品が残っていれば修理は可能で、非常に緩やかに修理できなくなっていきました。
ところが、在庫している補修部品というのは、塩漬けになっているお金と一緒です。
用がなくなって、他の部分で利益が出ているようなら、「不良在庫」として処分して経費にした方が、利益を低く出来て節税になります。
そのため、リーマンショック以降は、サポート終了の翌日には、部品が出庫停止になり、程なく在庫がゼロになります。


悲しいことに、一度無駄を省いてスリムになった会社の体質は二度と元には戻りません。
利益が出なくなるという恐れがあるからです。
でも、リーマンショック(ごとき)で、世界中の企業がガタガタ言い出したのは、それまでに無駄を削りすぎてスリムになりすぎ、変動に対応できる体力がなくなってしまったとも思えるのですけどね。

質問した人からのコメント

2012/9/6 22:00:49

成功 詳しく回答なさって下さってありがとうございました。勉強になりました。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる