ここから本文です

相続した不動産に売却案内のダイレクトメールがきました 相続手続きはすべて自分...

greencynosさん

2012/9/401:19:03

相続した不動産に売却案内のダイレクトメールがきました
相続手続きはすべて自分でしました
まったく不動産屋にも、司法書士にも一切関与しておりません

なのに突然、相続してから数ヵ月後に不動産屋から不動産の売却案内のダイレクトメールが届きました
売却する気もありませんし、どこにも相談したことはありません
どこから、この情報が流出したのか不思議でなりません
どのような方法で不動産屋はこの情報を得たのでしょうか?
わかる方、いらっしゃいますでしょうか?

閲覧数:
1,299
回答数:
5
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

figfig6055さん

2012/9/403:02:03

不動産仲介業者は、常に売却物件を探しています。それも大事な仕事です。
タマタマ、そのエリアでの買主を持ってる業者が
そのエリアの物件の所有者をしらみつぶしに当たっていたのに
ヒットしたのではないですか?タマタマ相続した時期と重なっただけ
なのかもしれません。

所有者は、法務局で謄本を取得すればわかります。
電話番号まではわかりませんが、住所氏名は謄本に出ていますから
DMは出せます。

ちなみに法務局では基本、誰でもどんな不動産でもお金さえ払えば
謄本の取得は出来ます。

質問した人からのコメント

2012/9/4 19:34:40

詳しく教えていただいてありがとうございました!
悩みが解消されました!
他の皆様も本当にありがとうございました!

ベストアンサー以外の回答

1〜4件/4件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

echo68sunさん

2012/9/409:37:46

素直に考えて法務局で調査してその情報を得たのでしょう。

流出ではなく、この土地・建物(不動産)はおれのものだ、俺のものとなったぞぉ!!と登記をしたのです。
このような自分のものだと・このような権利を持っていますよと広く世に知らしめるのが登記制度であり、
また登記することで、社会からあの土地や建物はあなたのものといえるでしょうと認められるのです。

で、その土地はあなたのものだとわかった、逆にその土地を勝手次第出来るのは、あなた以外にいないから、あなたのお心次第だからどうでしょうと連絡が届いたのです。

以前からその周辺の土地へ目をつけていたのでしょう。その周辺の土地所有者へ定期的にDMをおくりつけているのではないでしょか??

game7chanさん

2012/9/407:22:08

不動産登記は権利の得喪を第三者に対抗するための制度、簡単に言えば所有権などの権利を誰もが判る形で公示するものですから、極論ではありますが、貴方が相続登記したイコール”この不動産が欲しければ私の所に来てください”と自らアピールしているようなものです。なので、不動産業者がその登記情報をもとに貴方にDM送るのは至極当然な行為とも言えます。有料ではありますが、誰でも取得できる情報ですからね。

kpatton3957さん

2012/9/406:47:44

葬儀関連から死亡情報がもれる場合があります。町内会の死亡公告も。

2012/9/401:41:18

手続きで、裁判所に行きましたか? もしもそうなら、裁判所の、公報に載るかもしれません。私の、知り合いが破産宣告で、裁判した時(約10分間)手続きの日から、決定後は、、公報に載ります。これを見て、高利のサラ金業者が、ダイレクトメールを、送りつけてきます。それと、同じで、1か月後には、その手の案内は、来なくなります。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。