ここから本文です

MT車の大型トラックの変速操作が普通車と違うのはどうしてでしょうか?特にバック...

oka********さん

2012/9/715:52:32

MT車の大型トラックの変速操作が普通車と違うのはどうしてでしょうか?特にバックギヤ

補足siliconespray_syuuuさん。何が一緒ですか?大型トラックはバックギヤは、前に入れます。デタメナ回答はやめてください。

閲覧数:
20,872
回答数:
7

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

erh********さん

2012/9/814:03:25

37歳自動車部品製造業勤務者です。あの~順番に話させて下さい。

1、シフトレバーのバックギヤ位置について
確かに一般乗用車では、右下にあるのが普通ですよね。けど確か2トントラック(例で日産自動車アトラスなど)でも同じパターンを持ちます。
しかし、ギヤの種類(難しいですがイモねじの様なウォームギヤを使った機種)や変速機の構造上、パターンが大きく違うものも中にはあり、知っている限りですがかなり昔の三菱自動車ランサーはバックが確か左下、日野自動車のボンネットバスと今はフランスのブガッティの大型セダンの6MTの場合、日野は左下、ブガッティは左上で1速が確か左下と、それぞれ逆に操作するものもあります。
大型商用車の場合は、4トントラック(例で三菱ふそうファイターなど)辺りから、大半はバックは左上になります。

2、どうして操作が乗用車と違うの?
大型商用車はかなりの重量品を運搬します。その為乗用車の様な構造では耐え切れなく、かつ5速だけではかなりのエンジン負荷がかかる事から、中型~大型(小型にしても、日産初代アトラスでは確か主5速、副変速3速、合計15速、名称はスーパーシフト?)にしても、6速~最高で主11速、副変速2速、合計22速(アメリカのイートン)、他に主8速、副変速4速、合計32速(ドイツのメルセデスベンツウニモグ、尚バックギヤは別に前進~ニュートラル~後退のレバーがあり、バックでも32速で走れる)があります。複数のギヤー段を用いる車両は、シフトパターンも大きく違ってきますね。
やはり構造上から、バックは日本は左上、海外では左下と言うものもあるそうです。

3、誤操作の心配はないのか?
かつて、日野自動車のレンジャー(中型トラック)に誤操作を防ぐ、よくAT車にあるバックアラームが付いていた事があったそうです。現在、車種によっては乗用車にしても、レバー自体を押す(例三菱ふそうエアロスター路線バスなど)、他にシフトノブにリングがありそれを引いて、それぞれバックに入れる車種があります。
また僕のこぼれ話で、幼い頃三菱ふそうエアロスターのフィンガーコントロール5MTの操作を覗いていた際、走行中4速(右上)
に入れており、最後5速(右下)に入れた途端「えっバックに入る!!」と感じ怖い思いをした事がありましたが、別の箇所にギヤー段をHパターンで表示するランプがついており、除くと右下5速、左上バックとなっていました。

かなり長文すみませんが、中にはスイッチ化したチェンジレバー(上下シフトアップダウン、右ボタンニュートラル、左ボタン1速で同時に下へ入れるとバック)を先に操作し、後にクラッチ操作をする(ギヤーチェンジ完了したらカタっ!と音がする)車種が、ドイツメルセデスベンツの大型トラック、アクトロス(テリジェントEPS)であり、この様な変り種変速機もあります。

乗られる際には、ギヤーのポジションを事前に理解したり、試運転する必要があると思います。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/6件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

tri********さん

編集あり2012/9/1214:40:20

図のように、概ね、二種類のシフトパターンがあります、右のシフトパターンのRだけは、シフトノブを下に押しながらいれます、誤作動防止のため

Rに入れると、計器パネルのRの表示が点滅して、後退警告ブザー、音声アラームで歩行者に警告をします

シフトレバーのストローク距離が長いし、力がいる、クラッチペダルが油圧式パワークラッチなので、半クラッチの幅が広い

積載時のエンジンブレーキ、排気ブレーキの作動でも最適な確実なシフト変速操作ができるように配置されている、
ジーゼルエンジンを特性である低速トルクが生かせるように、平坦地ではセカンド発進するシフトパターン

図のように、概ね、二種類のシフトパターンがあります、右のシフトパターンのRだけは、シフトノブを下に押しながらいれま...

mon********さん

編集あり2012/9/809:26:05

トラックでも乗用車でも左前がRである目的は同じです。
目的は「2と3が直線のほうが運転しやすい」さらにトラックでは「切り返しで1とRが直線のほうがラク」。
トラックの場合は普段の発進では1は使用しないので2と3が直線のほうがやりやすいというだけです。

昔は乗用車で5速でも1とRが直線のものがありましたが、そのクルマの多くは高回転型エンヂン
であるので1は発進時しか使用せず、走り出したら2以上しか使用しない、
ヘアピンなどでは2迄落とすのでその際がもっとも素早いシフト操作が必要なので
レバーのクランク操作は非常にやりづらかったのです。
当然3・4はクランクになりますが、こっちはそれほど瞬時操作は必要ではなかったのです。
昔はこのようなパターンをヒューランドタイプと呼んでいましたね。

au_********さん

2012/9/717:48:17

自分が見たものしか信じないなら、そもそも質問すること自体が無意味では?



大型車も、普通車も、車やギア数によってシフトパターンは様々ですよ。

普通車でもバックで前に入れるものも当然あります。

bla********さん

2012/9/716:42:51

シフトパターンのことでしたら車種によりいろいろありますよ。 なのでシフト近辺に表示あるのです。表示ないと車検に受かりません。

乗用車でもヨーロッパなどは手前前方ってのが多かった記憶あります。
http://page9.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/k151438710
ヤフオクですがポルシェも左前方ですね。

eg9********さん

編集あり2012/9/716:17:22

操作はトラックと乗用車は同じですよ。
パターンが一般的なパターンと違うだけです。

Rが右下の大型トラックも昔ありました。(いすゞ車種は810)

何か忘れましたが、トラックと似たようなパターン(Rが左上)を採用している乗用車もあったような気がします。

最近多いバスのフィンガーシフトなら、ちょっとちがいますが。

自分が乗ったことあるバスは、シフトレバー辺りから「カチ」と音がしてから。
又はメーターのシフトインジケーターの数字が変わってから、シフトレバーから手を離さないとNになっちゃいます。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる