ここから本文です

クッシング症候群で低Kはなぜおきる?

nyk********さん

2012/9/1310:20:38

クッシング症候群で低Kはなぜおきる?

閲覧数:
2,354
回答数:
1
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

cha********さん

2012/9/1310:32:54

コルチゾール(糖質コルチコイド)はアルドステロン(鉱質コルチコイド)と類似の構造を持っており、1/1000と非常に弱いながらもアルドステロン作用を示します。
通常であればアルドステロンの1/1000なので効果はほとんど無視出来ますが、クッシング症候群のような過剰状態ではコルチゾールによるアルドステロン作用から尿細管でのNa再吸収促進、K分泌の促進が起こります。

質問した人からのコメント

2012/9/13 10:46:14

ありがとうございました!

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる