ここから本文です

もし、今。氷河期がきたら、地球温暖化は止まりますか?

tun********さん

2012/9/1522:10:05

もし、今。氷河期がきたら、地球温暖化は止まりますか?

閲覧数:
797
回答数:
4

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

hiy********さん

編集あり2012/9/1710:42:52

現在は南極とグリーンランドに氷床がありますから、既に氷河期です。その間氷期が1万年近く前から続いていて、前例では間氷期の期間は1万~1万5000年ですから、あと数千年で間氷期は終わって、氷期に入り、平均気温が5~7度低下するはずです。

氷期と間氷期の交代はミランコビッチ・サイクルによって起こり、北半球高緯度の日射は既に極小値に近づいていますから、気温への影響の時間的遅れを考慮すると、2000~7000年後に氷期に入るはずです。

地球温暖化炭酸ガス主因説では、100年後に炭酸ガス濃度が倍増すると、気温が3度上昇するとしていますが、これは水蒸気の温室効果のフィードバックを根拠なく正と決めつけて計算したものであり、衛星観測の実測では負ですから、100年後の気温上昇は0.4度未満です。気温の大幅な上昇も心配する必要はありません。

IPCCが主張する3度上昇にしても、炭酸ガス濃度が倍増して1000年後に平衡に達した時のもので、100年後の過渡期はおよそ半分の1.5度です。マスコミはこんな大切なことを報道していませんし、IPCCもきちんと説明していませんから、ほとんどの人は全く現実とかい離した1000年後のことが100年後に起こると誤認しています。

従って、氷期になると温度低下は炭酸ガス濃度の上昇による温度上昇を大きく上回りますから、気温は低下します。
あと数十年で来ると予想されている太陽活動の大幅な低下による小氷期が来るだけでも、その低下幅は1.5~5度ですから、0.4度未満の上昇を上回ります。
黒点がほとんどなく、太陽活動が著しく衰えた1600年代後半のマウンダー極小期はヨーロッパだけでなく、世界的に気温が低下しました。
琵琶湖沿岸と屋久島は1900年頃と比べて5度、京都とグリーンランドは現在より2度、インドネシア近海では1.5度低下していました。南米でも数度低下していました。

http://www.yoho.jp/shibu/tokyo/41miyahara.pdf
p6の琵琶湖沿岸と屋久島の温度復元図参照

http://www.nipr.ac.jp/info/notice/20111122.html
グリーンランド氷床の表面温度を過去4千年にわたり正確に復元 極地研

http://yaplog.jp/itoh_kiminori/archive/84
図2 インドネシア海域の過去2000年の海水温の変化 伊藤公紀ブログより

http://yaplog.jp/itoh_kiminori/archive/116
南米でも中世温暖期と小氷期 温度変化は太陽活動の変化と一致

IPCCが4次報告で使っている温度復元図は、ほとんどねつ造に近いマンのホッケースティック曲線とその仲間の温度復元図ばかりを選び、小氷期の温度低下は1度未満であるとしています。これまでの中世温暖期と小氷期が十分な温度幅で存在する常識的な温度復元図は全て排除されていて、採用されていません。

http://yaplog.jp/itoh_kiminori/archive/238
過去1000年の気温変化 伊藤公紀ブログより

http://www.kinyu.co.jp/index_earth.html
地球温暖化論の裏話

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

yam********さん

2012/9/1622:03:36

仮に、ミランコビッチサイクルによる氷期の周期に突入していたとしても、温室効果ガスによる温暖化の方がしばらくは上回るので、寒冷化するのはかなり先になると見られているようです。
こちらの解説が参考になると思います。
http://www.cger.nies.go.jp/ja/library/qa/24/24-2/qa_24-2-j.html

c29********さん

2012/9/1619:11:08

ここ10年間は地球の平均気温は横ばいか降下傾向なので氷河期がこなくてもすでに地球温暖化は終わっています。太陽学者はみな地球寒冷化を警告しています。

プロフィール画像

カテゴリマスター

sec********さん

2012/9/1618:51:27

現在も、少なくとも3000万年以上続いている氷河期です(氷河がユーラシア大陸などに存在しているので)。
氷河期の中で、比較的暖かい「間氷期」となっていると考えられています。
この50万年ほど、8-9万年の氷期と1万年前後の間氷期が繰り返されていることが、南極の氷河などの研究でわかっています。
現在の間氷期もすでに1万年が過ぎていて、寒冷化が起きてもおかしくない時期だといえます。
事実、1000年ほど前から300年ほど前まで気温は下降傾向でした。
しかし、その後気温は上昇し始めました。それは、産業革命とほぼ同時期に始まり、二酸化炭素の濃度も同時に上昇し始めたのです。

二酸化炭素による温暖化が、氷期の到来を押しとどめていると言えるかもしれません。
温暖化を止められなければ、氷期は来ないかもしれません。

近年、海底のメタンハイドレートが、過去の氷期-間氷期の気候変動に影響を与えていたかもしれないという事実が幾つも見つかっています。
もしそうなら、人為的な温暖化は、気候を劇的に変えてしまう可能性があります。

現在も、少なくとも3000万年以上続いている氷河期です(氷河がユーラシア大陸などに存在しているので)。...

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる