おにぎりの作り方

レシピ3,792閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">250

ベストアンサー

このベストアンサーは投票で選ばれました

0

その他の回答(5件)

0

減塩なので、塩のことはわかりませんが・・・・ ラップは私も使います。ラップで包んで、そのままだと蒸れるし、 蒸気でおにぎりがまずくなります。 形を整えたら、一度、ラップを外し、そのまま冷まします。 冷めたらまたラップにくるむといいと思います。 ご飯が熱いうちに形にすると比較的硬くなりません、のりもすぐ巻くようにするといいと思います。 乾燥を防ぎ硬くなりません。

0

暑いときは、塩分も必要ですので多めに塩を使った方がいいと思います。 ① 衛生面からもラップを正方形になるように切り、テーブルに置きその上に塩をふる。 ② ご飯をその上にのせ中心に具をのせる。 ③ ラップの四隅を上で合わせ、形を整えつつ2回ほどひねる。 ※冷めても固くならずまん丸ボールの可愛いおにぎりの完成!! しっとりした海苔がお好みの場合は、ラップにのりを置き、その上にボールおにぎりをのせてそのままおにぎりを作った時同様にくるっとひねるとそのままお弁当箱に詰められますよ!! 中身が分からなくならないために鮭おにぎりの周りにごまをふると、美味しくておすすめです!!

0

衛生面から、ラップで握り ラップをはずして冷まします。 食中毒を考え、素手ではさわらないようにしましょう。 ビニールの手袋が売ってますよね。 なるべくそれを使いましょう。 塩は私は使いません。 海苔は家庭のお好みだと思います。 お弁当に入れるということは小さめのおにぎりですね。 俵型ですか? 三角? どちらにしても、握りこまない。 手をその形にして、中心が空洞が出来ている。 この気持ちで作ります。 自信がなければ、プラスチックの型を使っても良いと思います。 ご飯をたくさんいれないようにね。 来月ということなので、 練習してくださいね。 運動会楽しみですね。

0

おにぎりは、熟練すると、最高のお食事になるかもしれないと、いつも感じています。 ご飯のまわりに塩をつけるのは、昔の人の知恵で、雑菌の繁殖を防ぐためといわれています。 ですから本来のおにぎりはかなり強い味で塩をつけたもののようです。 そしておにぎりの固さについてですが、これは食感を一番に考えるべきなのです。 米粒と米粒が互いに程良くくっつき合い、そしてひと口齧って口の中に入れた時、ホロりと崩れる感じに握るのがベスト。 ギューッと力を込めて、圧力をかけて握ったおにぎりでは、その食感は味わえません。 ですから、本来は素手で、その微妙な圧力を感じながらデリケートに握るべきかもしれません。 とはいえ、運動会ですし、そんな流暢なことは言ってられませんよね。 ラップで握ったって良いではありませんか。 ラップで握った後に、塩をパラパラと降りかければOK。 そして再びラップで包み、そにまま冷ませば良いですよ(多少、水滴がついてしまいますが、たいして味に影響はありません) 海苔についてですが、味付け海苔よりは、味のついていない海苔の方がおにぎりには合いますが、これもお好みで。 もちろん真中に具を入れた場合も同じこと。 料理に決まりはありません。 お母さんの愛情というエッセンスで、十分美味しくなりますよ~

0

ラップで握るなら、塩を混ぜたほうが上手く行くと思います。 塩を手に付けるのは、手で握る場合に向いてます。 当然、ラップのなかった時代は、手に塩を付けて握るのが正解です。 塩を混ぜるのは、コンビニの安いおにぎりを大量生産するために一般的になった方法です。 具を入れようが、味海苔を使おうが、塩をした方が美味しいと思いますが、その辺は各家庭の味という事で自由で良いと思います。(我が家では、おにぎりに基本塩は使いません・・・。) 固くならないようにするには、ご飯を普通~固めに炊く事・・・。 逆のようですが、柔らかく炊くと、乾燥しやすくなります。 握ったら、粗熱を取ってから、ラップかアルミホイルで包むのが良いでしょう。 握ったままのラップだと見栄えも悪いですし、衛生上も避けた方が良さそうです。