ここから本文です

ナポレオンの妻のジョセフィーヌについて、教えてください。 細かいトリビア的な...

xc4********さん

2012/9/2500:00:57

ナポレオンの妻のジョセフィーヌについて、教えてください。
細かいトリビア的なことがいいです。
よろしくお願いいたします。

補足ありがとうございます。もっと知りたいのでもう少し待ちます。

閲覧数:
7,260
回答数:
2
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

gkt********さん

2012/9/2514:10:26

嘘か本当か、少女時代に仲良しの従姉妹のエーメと占い師に見てもらったら「ジョゼフィーヌは女王様よりすごい地位になる。エーメは海賊にさらわれてハレムに売られ、トルコ皇帝の母になる」と予言される。
ジョゼフィーヌはともかくエーメの占いの結果は不明ですが、後日ナポレオンがジョゼフィーヌと離婚したとたん仲が良かったトルコが手のひらを返したので「皇太后のエーメがジョゼフィーヌとの離婚に怒った」と言われています。
でもハレムに入れられた女たちの素性はよくわからないのと、年齢が合わないなどでエーメとは別人説のほうが強いらしい。
最初の夫ボーアルネ子爵とは離婚しますが、恐怖政治の時代に貴族は次々に逮捕され、革命派だった子爵も処刑されてジョゼフィーヌも逮捕・投獄されて処刑の日を待っていましたが、クーデターが成功して助かりました。
総裁バラスの愛人になって暮らし、ナポレオンと出会って結婚。
でもジョゼフィーヌのほうに愛はなく、遠征で留守が多いのをいいことに浮気三昧。
ナポレオンは子爵夫人で総裁の愛人だった浪費家の妻を満足させるために必死に働きます。
ナポレオンが出世したのはジョゼフィーヌのためで、平凡な幸せで満足した最初の婚約者デジレと結婚していればそこそこの出世で終わっていただろう、と言われています。
ナポレオンは妻の浪費家ぶりに悩まされたけど、浮気に関してはまったく気づかず(周囲はみんな知っていたらしい)。
エジプトでやっと愛人の存在を知り、離婚を決意するけど離婚寸前にやっと夫への愛に気付いたらしいジョゼフィーヌが謝罪。
それまでの浮気を許されて貞淑な妻になったけど、逆に妻一筋だったナポレオンは気持ちが冷めたのか浮気を開始。
子供ができなくても妻をかばい、弟と妻の娘を結婚させて絆を深めるなどしていたけど愛人が実子を産んだことでジョゼフィーヌと離婚に至ります。
浮気はなくなっても浪費家ぶりは相変わらずでしたが、ナポレオンが総裁政府を倒すクーデターを計画した時は彼女の社交界での地位が夫の力になるなど、単なる悪妻ではなく一応内助の功はしています。
離婚後はおとなしく臨終の言葉はナポレオンの名前で最後まで愛はあったらしい。
ジョゼフィーヌは基本的に浮気者、浪費家と悪妻だったけど、連れ子のウジェーヌとオルタンスは善い人たちでボナパルト一族がナポレオンを見捨てて逃げても最後までナポレオンに尽くしました。

質問した人からのコメント

2012/10/1 10:23:42

降参 デジレの最期の言葉も
「ボナパルト」
だったらしいですが、
なぜ、みなデジレと結婚していれば、たいした出世は無かった、と常識的にいいますが、不思議です。

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

koj********さん

編集あり2012/9/2508:07:01

本名はローズ、ナポレオンに離婚されてからは薔薇の交配に熱中、その分野で偉大な足跡を残します。もちろんお金はナポレオンから出ていたのですが。
浪費家で浮気者、嘘つきの彼女にナポレオンは困らされていましたが、愛していました。ナポレオンは彼女こそが女性だと思っていたのです。
一方、ナポレオンの親族は総スカンでした。
国民からは人気があり、特に兵士からは勝利の女神と思われていました。事実、ナポレオンはジョゼフィーヌと離婚してから没落していきます。
ジョゼフィーヌという名前はナポレオンが付けた呼び名です。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる