ここから本文です

ふと疑問に思ったのですが、何故CPUの値段って動作周波数によって変動するんで...

nat********さん

2012/9/2507:00:42

ふと疑問に思ったのですが、何故CPUの値段って動作周波数によって変動するんですか?まだ開発コードが違うアーキテクチャの値段が違うのはわかります。ですが同じ設計内容なのに値段が違うのが納得できません。

あのナノの細かさで作られてるCPUですから素材費といっても知れてますよね?なぜ高クロックのCPUを安価に提供するようなことはせず、廉価版の下位のCPUを作る必要があるのでしょうか?3Dプリンターみたいな技術でシリコンに回路を刻んでいくなら上位の設計図さえ完成させて、その設計図を元に大量量産し安価に高性能のCPUを流通させたほうがいいと思うのですが・・・。

この質問は、活躍中のチエリアン・専門家に回答をリクエストしました。

閲覧数:
1,549
回答数:
5
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

roy********さん

2012/9/2508:33:29

歩留まりと言う言葉を知らないようですね


CPUなどの半導体はシリコンウェハー上に回路を作る
コレはまぁ分かると思いますが…

シリコンは完璧ではありません
不純物があります
その不純物のせいでまともに動作しないものがあります

完全に壊れているなら誰もが納得してゴミです

が、実際には4コアのうち1個死んでるとか、L2の一部が使えない
等の微妙な不良もあります

こういったものをゴミとして処理すると費用がかかります
ですが、コレを4コアのうち1個死んでるなら、もう1個無効にしてデュアルコアとして売り出せば儲けになります
IntelのCore i3がコレですね

回路全てが良品ならCore i7として販売できます
ですが、実際は回路全てが良品と言うのは中々難しいものです
HTの回路が死んでるならCore i5にする
コアが一部死んでるならCore i3にするといった選別をします
こうやって廉価版を出すことで、歩留まりを向上させています


周波数は、シリコンウェハー上に回路を転写した際のボケ具合です
写真と同じ方式なので、ウェハー上の中央はピントが合いますが、端っこの方が若干ボケ気味になります
その結果、配線の太さがまちまちになったりして周波数が伸びなくなります

コレも不良品として処理してしまうと費用がかかります
が、廉価版として販売すれば儲けになります


大量生産品が全て良品であるなら苦労はしません
ですが、実際には不良品が存在するので、ソレをただ捨てるのはもったいない
だからこういうラインナップが完成するんだ
と言うことを理解してください

質問した人からのコメント

2012/9/30 04:17:39

成功 疑問だったところが全て理解できました、丁寧に解説ありがとうございます。

ベストアンサー以外の回答

1〜4件/4件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

kar********さん

2012/9/2508:25:43

シリコンウエハの端から端まで全く同品質のコアが切り出せるなら可能だろうね。
それが今の技術ではまだ不可能だから分けているわけで。

goo********さん

2012/9/2508:25:21

製造コストはそれほどでなくても、莫大な研究開発費用がかかっています。
それを、新製品や上位CPUには大きく乗せ、下位CPUには薄く乗せているのです。

ko_********さん

2012/9/2508:16:01

そりゃ「その設計図を元に大量量産し安価に高性能のCPUを流通させ」ることができないからに他ならないんだけど?
同じ設計でも高クロックで動作できないものを「捨てるよりは」安価で流通させたほうが儲かるでしょ?

# 微細なものを作るのに技術が要るってことを理解できないと……

inf********さん

2012/9/2507:06:07

動作周波数で価格が変動すること無いのでは?
Intelに不満があるならAMDがあるでしょ?

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる