ここから本文です

電気通信主任技術者に関する資格は「伝送交換主任技術者」と「線路主任技術者」の2...

cis********さん

2012/9/2813:27:40

電気通信主任技術者に関する資格は「伝送交換主任技術者」と「線路主任技術者」の2種類があると思いますが、これらの資格の運用について分かる人がいますか。

例えば、責任者と指名されたら責任範囲はどう定められていますか?また、会社から頂ける手当は大体どのぐらいになりますか?等・・・分かる人が居れば、是非教えてください。よろしくお願いします。

閲覧数:
754
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

tak********さん

2012/10/121:15:59

責任範囲は自社の責任分界点以内のものはすべてです。
実際に会社の中でどのくらいの責任があるかは、その会社次第でしょうね。

この資格は一都道府県に一人いればすべての事業所を兼任できるので、資格が必要になることは多くないです。
また、資格の意味合いから言って、主任者として選任されるのはそれなりの職階にある人だけでしょう。
(システム障害出した時に、監督官庁に障害報告入れるのが仕事ですから)

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo!知恵袋カテゴリ

一覧を見る

職業とキャリア

職業

  • この仕事教えて
Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる