ここから本文です

女性向けの映画で好きな映画を教えてください。 たぶん女性が喜びそうな、女性...

bab********さん

2012/10/217:33:01

女性向けの映画で好きな映画を教えてください。

たぶん女性が喜びそうな、女性の視聴者をターゲットに作られている映画
だろうなって映画から好きな映画が知りたいです。
私はシャーリーズセロンのヤングアダルトが好きです。ジュリエットからの手紙も、どちらかと言えば女性向きだと思いました。
邦画ならヘルタースケルターが面白く、香里奈のガールも女性向きだと思いました。この映画は普通でした。

閲覧数:
312
回答数:
5
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

mar********さん

2012/10/314:25:28

まだ出ていないもので、思いつく限りで挙げてみますね!

まずは洋画から。
☆「チャーリーズエンジェル」
主演3人のアクションやファッションにとにかく元気をもらえます。キャメロン・ディアスを筆頭に主演3人のはっちゃけっぷりがキュート&気持ちいい。スカッとします!

☆「エリン・ブロコビッチ」
ジュリアロバーツも女性ウケ◎な女優さんの一人だと思います。この作品、社会派なので考えさせられもするし、女性が一人で生きていく難しさ・たくましさをジュリアが体当たりで演じていて、勇気をもらえます。

☆「マリーアントワネット」
とにかく女の子の好きなもの全部が詰まったガーリー映画。ストーリーや歴史背景はガン無視でOK!笑 カラフルなドレスやクリームたっぷりのケーキ、フレンチブル、マノロのヒール靴・・・完全に目の保養映画です。

☆「ボルベール 帰郷」
この監督の作品はほとんどが女性賛歌がテーマ。その中でもボルベールは素晴らしいと思います。女性に生まれた性みたいなものを感じさせてくれる、まさに女性にしか分からない深いテーマだと思います。ペネロペ・クルスが一番輝いている映画だと思うんだけどな~

邦画
☆「女の子ものがたり」
これまた深い。深いです。女子の一生。女子の友情。男性が見ても絶対ピンとこないんじゃないかな。子役陣の演技が素晴らし過ぎます。

☆「さよなら、みどりちゃん」
星野真理の体当たり演技が良い!恋愛のもどかしさ、男のずるさ、女の強さ・・痛々しいけど、女性ならどこかで共感できるはず。

質問した人からのコメント

2012/10/8 20:22:56

成功 ありがとうございます。観ますね。

ベストアンサー以外の回答

1〜4件/4件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

辰吉さん

2012/10/319:03:33

●ゲイリー・マーシャル監督『ニューイヤーズ・イブ』 >>>代表作≪プリティ・ウーマンなど等≫

出演

アシュトン・カッチャー
ロバート・デ・ニーロ
キャサリン・ハイグル
リア・ミシェル
アビゲイル・ブレスリン
ヒラリー・スワンク
ミシェル・ファイファー
ザック・エフロン
ジェシカ・ビール
ハル・ベリー
サラ・ジェシカ・パーカー
ジョン・ボン・ジョヴィ
ジョシュ・デュアメル


●デヴィッド・フランケル監督『プラダを着た悪魔』>>>代表作≪「セックス・アンド・ザ・シティ」など等≫

出演

メリル・ストリープ
アン・ハサウェイ
スタンリー・トゥッチ
サイモン・ベイカー
エミリー・ブラント
エイドリアン・グレニアー

にのきちさん

編集あり2012/10/303:35:36

洋画は
「キューティー・ブロンド」
邦画は
「下妻物語」

どちらも可愛らしくて前向きで面白い!!
女子っぽい映画です。

Time Machineさん

2012/10/218:01:59

✪フランス映画◆【アメリ】◆原題(Le Fabuleux Destin d'Amélie Poulain,)
パリのモンマルトルを舞台に、恋愛に不器用な22才の「アメリ」の恋を、
フランス・パリの香りタップリに描いた大ヒット作。
監督:ジャン=ピエール・ジュネ
出演:オドレイ・トトゥ&マチュー・カソヴィッツ
2001年エディンバラ国際映画祭 観客賞受賞
2001年セザール賞 作品賞、監督賞、音楽賞、美術賞受賞

✪エマ・トンプソン主演◆【いつか晴れた日に】◆原題(Sense and Sensibility)
第68回アカデミー最優秀脚色賞:エマ・トンプソン受賞
他の出演者:ヒュー・グラント&ケイト・ウィンスレット
19世紀のイギリスを舞台に、切なくも温かな涙で綴るラブ・ストーリー
恋を知る全ての女性の心に…優しく触れる珠玉の名作です。

✪フランス映画◆【アメリ】◆原題(Le Fabuleux Destin d'Amélie Poulain,)...

cre********さん

2012/10/217:46:40

「ホリディ」はいかがですか?

会社のクリスマスパーティーで、ロンドンの新聞社に勤めるコラムニストのアイリス(ケイト・ウィンスレット)は、恋人で同僚のジャスパー(ルーファス・シーウェル)が他の女性と婚約したことを知る。一方、ロサンゼルスに住み、ハリウッド映画の予告編の製作会社を経営するアマンダ(キャメロン・ディアス)も、恋人のイーサン(エドワード・バーンズ)の浮気に気づき、別れることにした。

いくら悲しくても涙を流せないでいたアマンダは、休暇を取って旅に出ることを決め、インターネットでイギリスのサリーの小さな村シェール (Shere) にある素敵なコテージを見つける。そのウェブサイトは休暇中にお互いの家や車などを交換する「ホーム・エクスチェンジ」のサイトで、見ていたのは同じく恋に破れたばかりのアイリスの家だった。

意気投合した二人は、早速お互いの家を交換することにして旅立つ。そこで、アマンダはアイリスの兄グラハム(ジュード・ロウ)と、アイリスはイーサンの友人で映画音楽の作曲をしているマイルズ(ジャック・ブラック)や、近所に住む引退した脚本家のアーサー(イーライ・ウォラック)たちと出会う。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo!知恵袋カテゴリ

一覧を見る

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる