ここから本文です

ソニーの一眼レフのメリット、デメリットを教えてください。

sinnkannsann2000さん

2012/10/302:56:57

ソニーの一眼レフのメリット、デメリットを教えてください。

ソニーの一眼レフが他のメーカーより優れている点と駄目な点があれば教えてください。
基本的にはソニーの特徴が知りたいのですが、ニコンやキャノンなどの他メーカーのいいところ悪いところも、大まかにで構いませんので教えてください。
よろしくお願いします。

閲覧数:
6,472
回答数:
5
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

hgoto135さん

2012/10/322:50:27

ソニーの一眼レフというものもいろいろな方式を経ているわけですが、
2012年時点で一眼レフ売り場においてあるものは、トランスルーセントミラーを使った「デジタル一眼カメラ」α2桁シリーズでしょう。
レンズ交換のできる「デジタル小型一眼カメラ」NEXシリーズは、ミラーレス一眼の売り場ですし、
ミラーと光学ファインダーのある一眼レフα3桁シリーズは過去のものです。

α2桁シリーズは光学ファインダーではなく電子ファインダーで、可動ミラーではなく、透過ミラーにより撮影する光の一部を測距に使っています。
このファインダーが電子ファインダーかどうかが、現状のニコン・キヤノンと、ソニーの大きな違いです。

光学ファインダーの一眼レフでは、撮影している間はミラーが上がってファインダーは使えません。動画撮影中もそうです。
電子ファインダーのα2桁シリーズでは、動画撮影中もファインダーは使えます。
シャッターは存在するので、静止画の一枚撮影では、撮影時に電子ファインダーは暗転します。暗転しないと言っているのは触ったことのない方でしょう。

ただ高速連写では電子ファインダーは暗転せずに、コマ落ち的な動きになります。
光学ファインダーでは暗転しながらも、見え方は生の画像が見えます。
ここだけは光学ファインダーの方が扱いやすいと言えます。

しかし光学ファインダーの見やすいものはカメラが重く高価になります。入門機の光学ファインダーはちょっと見劣りするものです。
α2桁の電子ファインダーはコンデジ(例えばHX200V)の狭い視野のものとは違って、広い視野が得られます。
電子ファインダーでは部分拡大は容易にできますが、光学ファインダーでは中央を拡大するマグニファイアーといったものがある程度。

あとは手ぶれ補正がソニーαはボディ側で、ニコン・キヤノンはレンズ側というのも違う点です。
(NEXはレンズ側だったりするので、NEXにアダプタでαのレンズをつけると手ぶれ補正なしです。)

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜4件/4件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

2012/10/416:11:43

ソニーの一眼レフのデメリットは、現行品が無くなり、中古品しかなくなったことでしょう。ソニーは、デジタル一眼レフを作る予定は無いようです。

ソニーは、固定式ハーフミラー付きミラーレスデジカメとでも言うべきトランスルーセントミラーテクノロジーと言う、特殊なカメラをデジタル一眼として発売しています。

メリットとしては、AF検出素子に常時光を当てることで、動画などで素早く動く物にピントを合わせ続けられることがあげられます。ミラーが動かないことも合わせて高速連写が可能です。反面、撮像素子に100%の光を当てられません。暗い被写体には不向きです。

また、常時AFができることで技術的に発達が止まって、ニコン、キヤノンなどのシャッター間でのAFだけの機種に比べて予測AF、静止画のAF性能などで決して勝っていません。秒10枚ではなく、20枚以上の連写が出来ることがソニーの優位な点です。

静止画の王道を行くニコン、キヤノンと、動画、高速連写に特化したソニーと言えると思われます。

なお、ソニーはレンズの新製品が出ません。新しいレンズは性能もイマイチなものが多いように思います。(とっても高いレンズは別です。)

dummsugareさん

2012/10/400:34:20

ソニーの価格が高めの一眼カメラにはボディ背面に、オート・フォーカスからマニュアル・フォーカスに瞬時に切替えが出来るボタンがついてます。

キャノンのようにオート・フォーカス中でも強制でマニュアルでピントを合わせられるのと同様、写真の構図によってはフォーカス・センサーから外れたところにピントを合わせたい時に、このソニーの切替ボタンは重宝ですよ。

プロフィール画像

カテゴリマスター

photog_6666さん

編集あり2012/10/409:21:27

まだ、この方式の歴史が浅く、今後進化する発展途上なので今後の完成度に期待。
いまは、ミラーが入っているが将来的には、撮像面位相差で無くなる可能性大。
EVFの解像度が上がれば文句なし。
電子先幕シャッターはレスポンスが良く、機械的後幕シャッターは、将来的に熱暴走しない程度に冷却する素子を付け、機械部分をなくする方向性かも。
ソニーの最終的な目的は、報道用カメラ特化し、映像画像分野を独占する事だろうと思う。その頃には、根本的に写真の撮り方が変化するでしょう。起きた事をファインダーで見てから、シャッターを押す事が可能になります。

今後、ソニーが主流になると思う。

momoko8bonさん

2012/10/303:41:09

ソニーの現αシリーズは厳密には「一眼レフ」ではありません。「レフ」ファインダーを搭載していないからです。この「トランスルーセントミラー」といわれる構造が最もソニーの特徴でしょう。「ミラー」というよりは「半透明膜」のようなもので撮影素子と測光素子に振り分けるため
①ミラーの動きが無い。
②レフファインダーではないので、像の消失が無い。
③撮影中も常時AF・AEが働き続ける。
一方で④撮影素子の前の邪魔な膜が常に存在する。
等があげられます。また、ソニーというメーカーは自社で撮影素子を開発しているので、それぞれのカメラに最適の素子を作る力があります。ニコンやペンタックスのカメラにもそれらの素子が使われているものがあります。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

5文字以上入力してください

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。